2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ワールドプロレスと新日ジュニア     #5 | トップページ | DVDレコーダーが変えた! #7 »

2004.09.22

魔界倶楽部解散について  #6

村上選手の口からでた魔界倶楽部解散宣言。たしかに最近は個々の名前で活動しているのでもはや魔界倶楽部と言う名前は必要ないかも知れない。安田がいてこそというのもあったかもしれない。安田、村上、柴田、長井、柳澤いわゆる格闘スタイルのいい面子ではないか。もっとなんかいい使い方があったのではないかと思う。思い出に残ってる試合で、永田IWGP9度目の防衛線永田vs安田戦これは録画して何度も見た試合だ。ほとんどの人間がセコンドにつき、セコンドの必死に戦っている姿が印象に残るいい試合だった。絆の深さが分かる試合ともいえる。解説の高山はえらく怒っていたけど自分的にはよかった。
名前は変わってもいいがこのメンバーは新日本に必要だと思っている。このメンバーなら柴田のいう喧嘩ストロングスタイルができるはずだ。そためには、本体との対抗戦もしくわ外的をつぶすなどいまさらとは思うが、このほうが光ると思うのだ。でも蝶野との関係が微妙に気になるところだ。新日本には喧嘩と殺気がなくてはならない。

  新日本観戦記 (2003.6.13武道館2階席永田VS柴田)                                      
P6130061.JPG

« ワールドプロレスと新日ジュニア     #5 | トップページ | DVDレコーダーが変えた! #7 »

魔界倶楽部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔界倶楽部解散について  #6:

« ワールドプロレスと新日ジュニア     #5 | トップページ | DVDレコーダーが変えた! #7 »