2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 新日本に小川正式参戦決定  #28 | トップページ | よくぞ集めた新日本大阪ドーム  #30 »

2004.11.12

おそるべしアントニオ猪木   #29

おそるべしアントニオ猪木

まさかのメイン変更である。小川が誰と交わるかとおもえば天山、棚橋なのだ。
メインと3冠戦が吹っ飛ぶとは予想をはるかにこえたカードだ。
さすが猪木の発想はだれもよめない。

俺が思うに、全日の三冠ベルトより小川直也のほうが重要ということだろう。普通他団体のカードはいじらないだろう。猪木にとっては三冠に挑戦する必要はないということか。猪木なら考えそうだ。
棚橋vs中邑戦。時期早々ということか。それより、中邑真輔には格闘技路線をつき進めということか

天山、棚橋vs小川、川田
別の見方をすると小川参戦するにあたり、新日本に上がる小川は、なにをしでかすか分からない怖さがあるので、それを受け止められる選手は誰かと考えると、タフでプロレスのうまい天山ではないかと思うのだ。
小川が前回新日本で対戦したのは、天山、ノートンvs小川、橋本なのだ。やはり天山が絡んでいる。
天山、棚橋なら、確かに小川を受けとめられそうだ。
ある意味小川戦に選ばれた二人なのかもしれない。

いろんなことを考えさせるカード変更なのだ。
でもこれによってかなりの注目を集めている。ごたごた感もあるが、たしかに注目の大会になったのだ。
そこまで計算して猪木が動いたとすればおそるべしだ。

PPVでこの目で確認するとしよう

« 新日本に小川正式参戦決定  #28 | トップページ | よくぞ集めた新日本大阪ドーム  #30 »

アントニオ猪木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おそるべしアントニオ猪木   #29:

« 新日本に小川正式参戦決定  #28 | トップページ | よくぞ集めた新日本大阪ドーム  #30 »