2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

2004年新日本両国国技館大会

2011.01.20

佐々木健介vs新日本プロレス  #496

佐々木健介 vs 新日本プロレス

2011年2月11日 佐々木健介オフィス後楽園大会

佐々木健介、起田高志vs中西学、キング・ファレ

P100049777

驚いた。

突如発表された6年ぶりの激突。

個人的に見たかったカードなのだ。

これだけ盛んになってきたプロレス界の交流戦においてなかなか実現しなかったカード。

数年前の新日本は、健介、鈴木みのる、高山、天龍が暴れまくっていた時代があった。

外敵と名前がついたのもこのころだ。

外敵に頼っていた時が確かにあった時代だ。

だが外敵に頼りすぎ、それ以降新日本は苦しい時代が続いた。

それでも内部の戦いで切磋琢磨し永田、中西が支え棚橋、真輔を育て乗り切ってきた。

それ以来外敵軍は新日本のリングに上がってはいない。

1.4ドームに上がった鈴木、高山もほとんど新日本に呼ばれてはいない。

健介に関しては6年ぶりの激突となるわけだ。

確かに今回新日本のリングではない。

それでも今まで実現してこなかったのだから今後の展開があるのだろうか。

鈴木や高山と違い健介は新日本の主力で戦い抜いてきた男だ。

新日本の選手との間には様々な感情があるはずだ。

感情のぶつかり合いが見たい。

激しい戦いが見たい。

互いの歩んできた道をぶつけ合う戦いとなるはずだ。

今後に続いて行く戦いとなるのか注目して見たい。

<上の写真は2004年11月3日蝶野20周年記念両国大会の写真です。

生で観戦した中でも非常に思い出に残る大会のひとつなのだ。

橋本真也が現れ、川田vs柴田なんていうカードもあった。

石森、タイガーvs邪道、外道のIWGPジュニアタッグ選手権もあった。

成瀬、長井のアジアタッグ、若き日の中嶋勝彦。

中嶋勝彦vs新日本ジュニアも是非見てみたいカードなのだ>

  ↓

人気ブログランキングへ

2004.11.04

生観戦、新日本両国大会。蝶野20周年   #26

11.3両国大会part2
川田vs柴田 
柴田勝頼、ケンカストロングスタイルを実証する男である。この試合もケンカを貫いた試合であった。
あの川田がむきになって柴田と打ち合いをしたのである。
緊張感のあるいい試合だった。柴田のケンカストロングスタイルとは相手までもがむきになってケンカをしてくるスタイルなのである。ある意味一番闘魂を引き継いでる男なのかもしれない。

IWGP選手権。健介vs棚橋
今日は北斗がメイクをした北斗晶としてセコンドについた。健介勝つ。
最後は健介ファミリーが記念撮影。この風景を見て思った。なんとなくだが、この試合は前回の大会の健介、北斗に対するつぐないをこめた試合だったのかと思ってしまった。だから北斗もセコンドについたのかと考えてしまった。

でもそれで健介ハッピーエンドとならないところが新日本らしいところである。
メインがそのインパクトを全部もっていったのである。
やはり長州参戦は刺激的である。
永田がいきを吹き返した中盤でわれをわすれて長州に向かっていったのである。その間の攻撃は激しいものだった。静止もきかなかった。
危険を感じたのか蝶野が無理に天山とタッチさせてプロレスの流れにもっていった瞬間をみのがさなかった。
ちなみにプロレスは見る人によって感じ方も違うので、あくまでも自分が見た感じです。

この日は蝶野20周年の大会なのだ。
それを蝶野のマイクとブラックニュージャパンの祝福で終わりかと思ったら暗闇から橋本が登場したのだ。
ほんとまさかの橋本真也なのだ。
さすがに予想してなかった。このインパクトで健介のIWGPも吹き飛んでしまった。

健介、長州、橋本、離れても我がふるさと新日本なのだろう。

生観戦できて幸せである。これだから新日本ファンはやめられないのである。

蝶野20周年両国大会part1    #25

まちにまった新日本11.3両国大会。
久しぶりの生観戦である。前回8.14G-1両国以来のまたも両国だ。
2階席から観戦。両国は見やすい会場だが、マス席は嫌いなので毎回2階席のはじにすわる。
会場に行くとやはり客入りが気になる。出足は悪かったので心配になったが、最終的には9割がたの満員だった。
2階席というのは、リングと会場がみわたせるが、2階席の観客まで熱狂させる試合はなかなかないのである。
そういう試合に出会うのが楽しみなのだ。

まずは休憩前の6試合分から。
1試合目から、いい試合もあり会場もわくが2階席まで熱狂させる試合はなく4試合目まで過ぎた。
そのなかで始まった、IWGPジュニアタッグ。
やはり石森の肩が狙われ、動きが止まる。邪道、外道のペースのまま、さすがにうまい。それでも今日は石森ががんばった。驚きの動きと技と粘りで、いつの間にか前のめりになって見入っていた。周りの客も見渡したら同じだった。この日初めて、2階席まで響いた試合だった。
結果は石森が負け、タイガー、石森組タイトル奪取ならず。
負けはしたが、新日本は石森のがんばりを見捨ててはならない。

長井、成瀬はアジア王者に。成瀬はキックとパンチで自分のスタイルを貫いた試合だった。
結末の読めない試合だったがストレッチプラムで長井が渕からギブアップ勝ち。
なるほど、これで最強タッグの川田のパートナーは長井というわけか。

後半4試合はのちほど。

2004.11.03

まさかの橋本真也登場、11.3両国   #24

新日本11.3両国大会生観戦してきました。
さきほど帰ってきました。
なんとまさかの橋本真也登場。とにかくメインが終わり蝶野のマイクが始まり、蝶野20周年も蝶野のマイクで終わりと思ったら、なんと橋本が祝福に訪れたのだ。
これはまったく予想してなかったのでさすがにたまげた。エプロンまでで、リングにはあがらなかったが新日本の会場に現れたのだ。
あまりの驚きと歓声でやりとりは、わからなかったが、たしかに新日本の会場に来てしまったのだ。
コメントでは、祝福に来ただけというようなことを言っているようだが、それなら武藤全日本にも行くはずだろう。
ということは、新日本参戦決定的か。

興奮の、11.3両国大会。この後観戦して感じたこと書いていきます。

その他のカテゴリー

1.4東京ドーム 2004年新日本両国国技館大会 2004年新日本後楽園大会観戦 2005年新日本両国国技館大会観戦 2005年新日本後楽園大会観戦 2005年新日本東京ドーム大会観戦 2006年新日本ジオポリス大会 2006年新日本両国国技館 2006年新日本後楽園ホール 2006年新日本東京ドーム 2007年ベストバウト 2007年新日本M.V.P 2007年新日本プロレス 2007年新日本両国大会観戦 2007年新日本後楽園大会観戦 2008.8.17G1 CLIMAX観戦 2008NEW JAPAN CUP 2008年後楽園ホール観戦 2008年新日本両国大会観戦 2009年両国国技館大会 2009年後楽園ホール大会観戦 2010年両国国技館観戦 2010年後楽園ホール観戦 2011年 G1 CLIMAX 2011年ディファ有明観戦 2011年両国国技館大会観戦 2011年後楽園ホール大会観戦 2012 KIZUNA ROAD 2012レスリングオブザーバー賞 2012年後楽園ホール大会観戦 G1 CLIMAX2010 G1 CLIMAX22 G1クライマックス G1タッグ KAMINOGE KING OF PRO-WRESTLING KNOCK OUT! LOCK UP後楽園観戦 NEVER NJPW 40th anniversary nottvワールドプロレスリング Road to DESTRUCTION WORLD TAG LEAGUE2012 WRESTLE KINGDOM 7 ZARD/坂井泉水 ZERO1・1.1元旦観戦 アントニオ猪木 キングオブプロレスリング キング・ファレ シンニチ プレミアムストアー スポーツ タイガーマスク ツイッターフォロワー ファンクラブ会報誌 プリンス・デヴィット プロレス ミラノコレクションA.T ライガー ラジオ新日本プロレス レッスルランド ワールドプロレスリング3D 三沢光晴 上井取締役 中西学 中邑真輔 五輪メダリスト銀座パレード 井上亘 佐々木健介 前田日明 大プロレス祭りinアキバ 天山広吉 小島聡 山本小鉄 山本尚史 岡田かずちか 後藤洋央紀 懐かしい新日本グッズ 新日本のヤングライオン 新日本ジュニア 新日本チャンネル 新日本プロレス 新日本プロレス後楽園観戦 新日本プロレス旗揚げ40周年記念アルバム 新日本プロレス道場 新日本プロレス選手寮「劇的ビフォーアフター」 新日本プロ身売り 新日本契約更改 新日本最終戦忘年会 新日本東京ドーム大会 新日本1.4東京ドーム観戦 新日本3Dプロレス 新日本vsNOAH 新日本vsZERO1 日記・コラム・つぶやき 星野勘太郎 映画・テレビ 東京マラソン 柴田勝頼 栗原あゆみ 棚橋弘至 橋本真也 永田祐志 燃えろ!新日本プロレス 田中リングアナ 田口隆祐 真壁刀義 石森太二 華名と栗原あゆみ 藤波辰巳 藤田和之 蝶野正洋 西村修 週刊ゴング 邪道・外道 金本浩二 長州力 闘魂SHOP 魔娑斗 魔界倶楽部