最高新日本8.14G1両国生観戦    #85

行ってきた8.14G-1クライマックス決勝戦、生観戦。

天気にも恵まれ開場前から長蛇の列。超満員の観客。試合前からもはや出来上がった会場。

やはりこんな盛り上がった雰囲気は最高である。

<蝶野vs中邑>、大蝶野コールを背に受けて、強さと、うまさを見せ付けての完勝である。単なるキャリアだけではなく、15年連続15度目という、だれも成し遂げられないと思える記録と実績である。

<藤田vs川田>、G-1がなければありえないと思える最高のカードである。まさかの対決。意地の打撃戦、それにしても藤田強し。

川田利明10分もたずというところか。

<決勝戦。蝶野vs藤田>

G-1前には予想しきれなかったカード。だが蝶野の入場で分かった今大会にかけた意地と強さ、それは橋本真也のテーマ曲。

入場の異常な盛り上がりは、LIVEでしか味わえない感動である。

橋本真也を背負った蝶野の優勝。だがそれだけではなく新日本で戦い続け、支えてきた頼りになる男でもある。

それにしても感動的だったエンディング。

会場にいた事を幸せと感じた、ハッピーエンドだった。

 <蝶野vs中邑>
P1010478

 <蝶野感動の優勝>
P1010567

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

観戦3.26新日本両国パート2   #66

観戦3.26新日本両国大会

さすがに昨日の観戦直後は、がっくりと力が抜け、60分の疲れがどっとでたのだった。

それから1日たって振りかえってみる。

両国で観戦する時は、2階の席から見ることにしている。全体が見えるし2階席まで響く試合が見たいのだ。

個人的にこの日、2階から前のめりになって響いた試合は2試合。
ヤングライオン杯決勝後藤vs伊藤。やはり他団体との対戦は緊張感があり、後藤が新日本の意地を見せたいい試合だった。たのもしい男になったものだ。

もうひとつはやはりメインの中邑vs小島だ。結果は残念だが緊迫感や二人の意地も見せた観客も一体となった試合。

2試合とも他団体との試合なのだ。

やはり新日本に求められる試合というのは、緊張感や殺気ある試合ではないのか。
後藤のテーマ曲と赤いタオル、真輔のライオンマークのタイツ。2人とも新日本を背負う気持ちのある男達である。

中邑真輔よ悔しいだろうがプロレスラーとして、このキャリアと年齢で60分フルタイムというのは大きな財産になるのではないか。それに勝てはしなかったが負けてもいないのだ。

P1010009.JPG1

あとこの日は、中邑のための大会だと思ったのだが、結果として実は天山復活のための大会だったのだ。
最後マイクで締めたのは天山と小島だったのだ。

このままテンコジ対決で決着なのか。

どちらにしても新日本に取り戻せIWGP。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観戦速報、3.26新日本   #65

観戦3.26新日本両国大会。

あ~むなし
これでいいのか
新日本

足取りが重い。気分が晴れない、つかれがドットでて帰ってきたところです。

とにかくメインの直後は放心状態といったところか。しばらく席を立つ気にならなかった。
今日という日は、真輔が勝たねば意味のない大会とさえ思ったほどだ。

これはあくまで試合直後の気持ちである。

なにせ60分フルタイムドロー。真輔は負けてないのだ。だが今日は引き分けでは負けである。

ホームで2連敗。これでいいのか新日本。

帰ってきたら、PPV放送を録画していたので、無事に5時間撮れていた。

後で、冷静になってじっくり見よう。

のちほど観戦記を伝えます。

とにかくあ~というため息しかでない。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1.4東京ドーム | 2004年新日本両国国技館大会 | 2004年新日本後楽園大会観戦 | 2005年新日本両国国技館大会観戦 | 2005年新日本後楽園大会観戦 | 2005年新日本東京ドーム大会観戦 | 2006年新日本ジオポリス大会 | 2006年新日本両国国技館 | 2006年新日本後楽園ホール | 2006年新日本東京ドーム | 2007年ベストバウト | 2007年新日本M.V.P | 2007年新日本プロレス | 2007年新日本両国大会観戦 | 2007年新日本後楽園大会観戦 | 2008.8.17G1 CLIMAX観戦 | 2008NEW JAPAN CUP | 2008年後楽園ホール観戦 | 2008年新日本両国大会観戦 | 2009年両国国技館大会 | 2009年後楽園ホール大会観戦 | 2010年両国国技館観戦 | 2010年後楽園ホール観戦 | 2011年 G1 CLIMAX | 2011年ディファ有明観戦 | 2011年両国国技館大会観戦 | 2011年後楽園ホール大会観戦 | 2012 KIZUNA ROAD | 2012レスリングオブザーバー賞 | 2012年後楽園ホール大会観戦 | G1 CLIMAX2010 | G1 CLIMAX22 | G1タッグ | KAMINOGE | KING OF PRO-WRESTLING | LOCK UP後楽園観戦 | NEVER | NJPW 40th anniversary | Road to DESTRUCTION | WORLD TAG LEAGUE2012 | WRESTLE KINGDOM 7 | ZARD/坂井泉水 | ZERO1・1.1元旦観戦 | アントニオ猪木 | キングオブプロレスリング | キング・ファレ | シンニチ プレミアムストアー | スポーツ | タイガーマスク | ツイッターフォロワー | ファンクラブ会報誌 | プリンス・デヴィット | プロレス | ミラノコレクションA.T | ライガー | ラジオ新日本プロレス | レッスルランド | ワールドプロレスリング3D | 三沢光晴 | 上井取締役 | 中西学 | 中邑真輔 | 五輪メダリスト銀座パレード | 井上亘 | 佐々木健介 | 前田日明 | 大プロレス祭りinアキバ | 天山広吉 | 小島聡 | 山本小鉄 | 山本尚史 | 岡田かずちか | 後藤洋央紀 | 懐かしい新日本グッズ | 新日本のヤングライオン | 新日本ジュニア | 新日本チャンネル | 新日本プロレス | 新日本プロレス後楽園観戦 | 新日本プロレス旗揚げ40周年記念アルバム | 新日本プロレス道場 | 新日本プロレス選手寮「劇的ビフォーアフター」 | 新日本プロ身売り | 新日本契約更改 | 新日本最終戦忘年会 | 新日本東京ドーム大会 | 新日本1.4東京ドーム観戦 | 新日本3Dプロレス | 新日本vsNOAH | 新日本vsZERO1 | 日記・コラム・つぶやき | 星野勘太郎 | 映画・テレビ | 東京マラソン | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 棚橋弘至 | 橋本真也 | 永田祐志 | 燃えろ!新日本プロレス | 田中リングアナ | 田口隆祐 | 真壁刀義 | 石森太二 | | 華名と栗原あゆみ | 藤波辰巳 | 藤田和之 | 蝶野正洋 | 西村修 | 週刊ゴング | 邪道・外道 | 金本浩二 | 長州力 | 闘魂SHOP | 魔娑斗 | 魔界倶楽部