2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 帰ってきたアニキ     #107 | トップページ | 中邑真輔、新日本の未来のために    #109 »

2006.03.02

前田日明とは     #108

本日は、前田日明について考えてみた。

間違いなく新日本が土台となって作り上げた選手であり、今の猪木とそっくりではないのか。

アントニオ猪木を受け継いでいるのは前田ではないのか。

引退後に理想や理念を求めるのもそっくりなのだ。

(前田日明、ビッグマウスラウドと決別へ)

永田、飯塚vs村上、エンセンの試合が行なわれた2.26徳島大会である。

前田日明ビッグマウスラウド及びプロレス界と決別となったわけだが、もうこれはいたしかたないのではないか。

上井氏やビッグマウスラウドは、強いプロレスラーやプロレスを目指すための前田日明なのだが、前田の考えとはプロレスと総合及びプライドの中間点でありもしくはプロレスの一線を越えたものというところではないのか。

前田日明の理想や理念を完全に理解し実行するというのは無理なのではないか。

出来るとすればただ一人の男しかいない。

前田日明である。

だが戦うことの出来ない現実。

だが間違いなく格闘技とプロレスに革命を起こした男。それはやはり自分自身が戦ってきたからである。

なぜか孤独を感じさせるカリスマである。

<話は違うが、ニュース侍から2.26ゼロワンマックス後楽園大会>

いつもお世話になっていますニュース侍
cap218
吉江と長井 頑張ってくださいというだけである
2
なんと田中リングアナの姿が さすがに驚いた
cap225

« 帰ってきたアニキ     #107 | トップページ | 中邑真輔、新日本の未来のために    #109 »

前田日明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前田日明とは     #108:

« 帰ってきたアニキ     #107 | トップページ | 中邑真輔、新日本の未来のために    #109 »