2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロレスBOOK

カテゴリー

無料ブログはココログ

« タナが復活するその日まで    #169 | トップページ | スーパージュニアの季節がやってきた   #171 »

2007.05.21

真壁のIWGP挑戦は現実となるか   #170

P1040807jpg

<Circuit 2007 NEW JAPAN GLORY X "G.B.H" Desperado>

”G・B・H”とユニット名が入った今回のシリーズ。

G・B・Hが主役となるシリーズ。

だが真壁のIWGPの挑戦もなく22日の広島で最終戦を迎えることとなる。

ある意味今回のシリーズは、新日本が”G・B・H”に与えた試練ではないのだろうか。

タイトルマッチもなく大会場での大会もなく地方を中心として回ったシリーズ。

この条件でもG・B・Hが新日本を引っ張れるのか、勢いは本物なのかを試されたという見方も出来るのではないか。

真壁、越中、天山、矢野、石井、本間、無骨な男たちの集団G・B・H。

勢いは、本物だといえる。

真壁の勢いは、衰えることを知らない。

だが今後のG・B・Hの鍵を握る男は間違いなく天山なのではないか。

<IWGP、G-1制覇と輝かしい実績の持ち主の天山。真壁、越中の勢いに押されるリーダー天山。悲しき現実。天山の輝くときは訪れるのか>

P1030790jpg1

<2007.5.22広島大会最終戦 今シリーズのG・B・Hの評価が問われる大会となる>

P1040839jpg

Banner2_36

« タナが復活するその日まで    #169 | トップページ | スーパージュニアの季節がやってきた   #171 »

真壁刀義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真壁のIWGP挑戦は現実となるか   #170:

« タナが復活するその日まで    #169 | トップページ | スーパージュニアの季節がやってきた   #171 »