2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 観戦、新日本10.8両国決戦①   #203 | トップページ | 観戦、新日本10.8両国決戦③   #205 »

2007.10.09

観戦、新日本10.8両国決戦②   #204

観戦、新日本10.8両国決戦。

<IWGPヘビー級選手権試合 永田祐志vs棚橋弘至>

31分5秒片エビ固め 棚橋王座奪還

Dsc0075666

IWGP王者vsG1王者

2人の王者同士の対決となった頂上決戦。今年3度目の戦いにもなる決着戦。

30分という長さも感じさせなかった永田と棚橋だから出来た戦い。

今年3回目で、G1決勝から短期間の戦いで、これだけ観客を沸かせ熱狂させた永田と棚橋は2人の王者といえた。

現時点での力の差はなく棚橋の執念で勝ち取った勝利であった。

(この試合のポイントとなった足攻撃。確かに永田の厳しいキックが前回よりも打てなかった。敗因の一つとなる足への攻撃だった)

P107016444

(遠慮のいらない厳しい攻撃をし合える2人の戦い。世代を超えたライバルといえる)

Dsc0071444

Dsc0074777

(IWGPへの執念が勝利を呼び込んだ。しばらくベルトを握り締め感触を味わっていた棚橋)

Dsc0082333

(王座に返り咲いた棚橋。G1制覇とIWGPチャンピオン、文句なしの現時点での新日本の頂点に立つ男となった。おめでとう)

Dsc0087000

10.8両国決戦次回に続く。

Banner2_2

« 観戦、新日本10.8両国決戦①   #203 | トップページ | 観戦、新日本10.8両国決戦③   #205 »

2007年新日本プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観戦、新日本10.8両国決戦②   #204:

« 観戦、新日本10.8両国決戦①   #203 | トップページ | 観戦、新日本10.8両国決戦③   #205 »