2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロレスBOOK

カテゴリー

無料ブログはココログ

« IWGP選手権 棚橋vs後藤③  #218 | トップページ | 中邑真輔復帰戦⑤   #220 »

2007.11.12

NJPWvsTNA④ #219

観戦、新日本11.11両国国技館決戦

「新日本vsTNA」との対抗戦

TNAがどんな試合を魅せるのか興味深かった2試合。

とくに、世界最高峰の新日ジュニアvs世界最先端のXディヴィジョンの対戦。

日本でもおなじみのセンシとダニエルズ。

両者持ち味だし観客も沸いた試合。

タッチワークと連携で上回ったTNAチーム。

結果として新日本の2連敗。

邪道、外道も負けたことを含めれば、対抗戦で3戦全敗。

対抗戦いや戦争とも言った以上勝たねばならぬ試合といえた。

新日本浮上の鍵は根底に強さありきだと思っている。

対抗戦を行なう以上、今の新日本には勝って観客を満足させる事が必要だと考えられる。

今日の負けは、1.4ドームへ向けての勝利への敗戦となることだろう。

<TNA、新日本マットに上陸>

Dsc0156000

クリストファー・ダニエルズ

Dsc0157111

Dsc0160999

Dsc0165111

Dsc0167333

TNA ”センシ”

Dsc0169111

Dsc0170444

”ジ・ウォマシーン”ライノ

Dsc0171000

次に続く。

« IWGP選手権 棚橋vs後藤③  #218 | トップページ | 中邑真輔復帰戦⑤   #220 »

2007年新日本両国大会観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NJPWvsTNA④ #219:

« IWGP選手権 棚橋vs後藤③  #218 | トップページ | 中邑真輔復帰戦⑤   #220 »