NEW JAPAN ALIVE開幕   #224

Dsc0230555

新日本プロレス、年内最終シリーズNEW JAPAN ALIVE開幕。

1.4ドームへ向けて鍵を握るシリーズとなる。

主張するそれぞれの選手たち。

新日本最後の戦いを見逃すな。

11.23埼玉・桂スタジオ

マシン、ライガー、蝶野、長州vsタイガー、飯塚、中西、永田

○マシン(魔神風車固め)タイガー

中邑、デヴィット、稔、ミラノ、後藤vs矢野、石井、外道、邪道、真壁

○中邑(ランドスライド)矢野

11.25京都市体育館

棚橋、田口vs長州、ライガー

○棚橋(ハイフライフロー)長州

中邑vs矢野

○中邑(ランドスライド)矢野

真壁vs後藤

○真壁(キングコング二ードロップ)後藤

興味深い戦いの多いこのシリーズ。

誰もがトップを虎視眈々とねらう新日本の選手たち。

主役の座を掴み取るのは誰だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

永田vsカート・アングル正式決定  #223

<WRESTLE KINGDOM Ⅱ>

永田vsカート・アングル正式決定

IWGP選手権 棚橋vs中邑か真壁

一部カードが発表された、1.4東京ドーム大会。

この2試合は、自分の希望するカードと一致した納得の発表となった。

IWGP王者は棚橋弘至ただ一人である。

ベルトというのは名前だけではなく、ベルトの名のもとに戦いを繰り広げた、汗や血や涙や感情すべてを含んでベルトの重みが出てくるものである。

だからこそ棚橋vsアングルの統一戦などすべきではないと思っていた。

アングルのベルトは、IWGPという名前だけで統一にはならないと思うのだ。

だが混乱を避けるためにも取り戻さねばならぬ。

永田に課せられた使命、奪還。

ミスターIWGP永田祐志に期待したい、負けられない戦いとなる。

<かなり前のことに感じるカート・アングルの新日本参戦。

 この日約束した一騎打ち、永田の念願かなう>

P1030651112

P103063222

Banner2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

両国国技館からドームへ向けて  #222

新日本11.11両国国技館決戦が過ぎ去り、新たな動きや戦いが始まる新日本。

集客では苦戦したが、館内の熱気や戦いは確実によみがえりつつある新日本。

リング上の戦いで魅せてきた証である。

ワールドプロレスで放送された棚橋vs後藤戦。

テレビからでも伝わる熱気を感じてほしい。

10.8両国、11.11両国、1.4ドームと大会場を連発する強気の姿勢の新日本を評価したい。

1.4へ向けて走り出した新日本を見逃すな。

<両国国技館が超満員となる日を信じて両国を載せてみた>

Dsc023566

Dsc023588

Dsc023622

Dsc023500

<新ユニット 「RISE」 誕生。

 中邑、後藤、ミラノ、稔、デヴィット、バーナード、トムコの7人。

 期待度の高い顔ぶれとなったRISE。

 新日本を上昇させる集団となれ>

Dsc0204899

Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観戦、新日本10.8両国決戦②   #204

観戦、新日本10.8両国決戦。

<IWGPヘビー級選手権試合 永田祐志vs棚橋弘至>

31分5秒片エビ固め 棚橋王座奪還

Dsc0075666

IWGP王者vsG1王者

2人の王者同士の対決となった頂上決戦。今年3度目の戦いにもなる決着戦。

30分という長さも感じさせなかった永田と棚橋だから出来た戦い。

今年3回目で、G1決勝から短期間の戦いで、これだけ観客を沸かせ熱狂させた永田と棚橋は2人の王者といえた。

現時点での力の差はなく棚橋の執念で勝ち取った勝利であった。

(この試合のポイントとなった足攻撃。確かに永田の厳しいキックが前回よりも打てなかった。敗因の一つとなる足への攻撃だった)

P107016444

(遠慮のいらない厳しい攻撃をし合える2人の戦い。世代を超えたライバルといえる)

Dsc0071444

Dsc0074777

(IWGPへの執念が勝利を呼び込んだ。しばらくベルトを握り締め感触を味わっていた棚橋)

Dsc0082333

(王座に返り咲いた棚橋。G1制覇とIWGPチャンピオン、文句なしの現時点での新日本の頂点に立つ男となった。おめでとう)

Dsc0087000

10.8両国決戦次回に続く。

Banner2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1.4東京ドーム | 2004年新日本両国国技館大会 | 2004年新日本後楽園大会観戦 | 2005年新日本両国国技館大会観戦 | 2005年新日本後楽園大会観戦 | 2005年新日本東京ドーム大会観戦 | 2006年新日本ジオポリス大会 | 2006年新日本両国国技館 | 2006年新日本後楽園ホール | 2006年新日本東京ドーム | 2007年ベストバウト | 2007年新日本M.V.P | 2007年新日本プロレス | 2007年新日本両国大会観戦 | 2007年新日本後楽園大会観戦 | 2008.8.17G1 CLIMAX観戦 | 2008NEW JAPAN CUP | 2008年後楽園ホール観戦 | 2008年新日本両国大会観戦 | 2009年両国国技館大会 | 2009年後楽園ホール大会観戦 | 2010年両国国技館観戦 | 2010年後楽園ホール観戦 | 2011年 G1 CLIMAX | 2011年ディファ有明観戦 | 2011年両国国技館大会観戦 | 2011年後楽園ホール大会観戦 | 2012 KIZUNA ROAD | 2012レスリングオブザーバー賞 | 2012年後楽園ホール大会観戦 | G1 CLIMAX2010 | G1 CLIMAX22 | G1クライマックス | G1タッグ | KAMINOGE | KING OF PRO-WRESTLING | LOCK UP後楽園観戦 | NEVER | NJPW 40th anniversary | Road to DESTRUCTION | WORLD TAG LEAGUE2012 | WRESTLE KINGDOM 7 | ZARD/坂井泉水 | ZERO1・1.1元旦観戦 | アントニオ猪木 | キングオブプロレスリング | キング・ファレ | シンニチ プレミアムストアー | スポーツ | タイガーマスク | ツイッターフォロワー | ファンクラブ会報誌 | プリンス・デヴィット | プロレス | ミラノコレクションA.T | ライガー | ラジオ新日本プロレス | レッスルランド | ワールドプロレスリング3D | 三沢光晴 | 上井取締役 | 中西学 | 中邑真輔 | 五輪メダリスト銀座パレード | 井上亘 | 佐々木健介 | 前田日明 | 大プロレス祭りinアキバ | 天山広吉 | 小島聡 | 山本小鉄 | 山本尚史 | 岡田かずちか | 後藤洋央紀 | 懐かしい新日本グッズ | 新日本のヤングライオン | 新日本ジュニア | 新日本チャンネル | 新日本プロレス | 新日本プロレス後楽園観戦 | 新日本プロレス旗揚げ40周年記念アルバム | 新日本プロレス道場 | 新日本プロレス選手寮「劇的ビフォーアフター」 | 新日本プロ身売り | 新日本契約更改 | 新日本最終戦忘年会 | 新日本東京ドーム大会 | 新日本1.4東京ドーム観戦 | 新日本3Dプロレス | 新日本vsNOAH | 新日本vsZERO1 | 日記・コラム・つぶやき | 星野勘太郎 | 映画・テレビ | 東京マラソン | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 棚橋弘至 | 橋本真也 | 永田祐志 | 燃えろ!新日本プロレス | 田中リングアナ | 田口隆祐 | 真壁刀義 | 石森太二 | | 華名と栗原あゆみ | 藤波辰巳 | 藤田和之 | 蝶野正洋 | 西村修 | 週刊ゴング | 邪道・外道 | 金本浩二 | 長州力 | 闘魂SHOP | 魔娑斗 | 魔界倶楽部