2008.8.17G1CLIMAX両国決戦生観戦④ #261

前回の続き。

G.B.H以外の全選手が集まった交流会。

G1を戦い終えた新日本の選手、その中にいた小島選手にも目がいった。

Dsc0600544

違和感なく溶け込んでいた小島選手。

隣にいた中西に体当たりしてみたり、天山やライガーと話す姿は微笑ましかった。

みんなが望む素顔の小島選手。

心優しき小島選手の姿がそこにはあった。

小島、大谷、吉江、外敵と呼ばれた男達。

元を正せば新日本叩き上げの選手達。

苦しき新日本の道場で過ごした選手の絆を感じさせられた。

もちろん戦えば敵であり、新日本の選手を応援している。

だがこんな光景はいいものだと思った。

P1020651111

<小島、大谷、吉江、坂口会長、新日本の選手が勢ぞろい>

P1020662222

真夏の戦いG1 CLIMAXの終わりを告げた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.8.17G1CLIMAX両国決戦生観戦③ #260

前回の続き。

待っていた試合後のクライマックス。

FC会員限定の打ち上げ交流会が待っていたのだ。

Dsc060122233

3年連続の参加となった。

選手と触れ合える大切な場でもある。

G1を戦い抜いた男たちの晴れやかで満足げな表情がそこにはあった。

戦いを終えた選手の表情はとてもいい顔だと思った。

疲れた表情も見せずファンと接してくれた選手たち。

こころよく握手や、撮影に応じてくれた選手たち。

ありがとう新日本プロレス。

これからも新日本プロレスを応援していくという思いを抱きながら過ごした有意義な時間となった。

<新日本真夏の頂点に立った後藤。強者集う新日本の選手を引っ張っていけるのか。

これからの後藤に注目したい>

Dsc06009999

次回に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.8.17G1CLIMAX両国決戦生観戦② #259

Dsc05938888

とにかく予想できなかった後藤と真壁の決勝戦。

ブーイングを浴びようがG1であろうが己の信念と戦いを貫き通し決勝戦にたどり着いた真壁刀義。

ストロングスタイルの象徴の黒を身にまとった、たたき上げの新日本後藤との一戦となった。

己の生き様と戦いを見せた真壁は立派であった。

頂点まで後一歩、新日本を引っ張ってきたG.B.Hの意地も見せ付けた真壁。

Dsc0569333

運も時代も味方に付け執念で勝ち取った後藤洋央紀。

初出場初優勝で新日本の頂点に立った後藤。

新日本を背負えるのか。

強い新日本の象徴となれるのか。

G1を制した男の宿命でもある。

後藤の戦いはここから始まるのだろう。

これからの後藤を期待して見守りたい。

Dsc0559666

新日本の暑い夏、GI CLIMAX。

久々の観戦となった新日本の熱い戦いが終わった。

満足という言葉がそこにはあった。

だがこの後興奮のクライマックスがまだまだ待っていたのだ。

次回に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.8.17G1クライマックス両国決戦生観戦  #258

P1020626666

観戦、新日本プロレスG1クライマックス両国国技館優勝戦。

6ヶ月ぶりの生での観戦となった。

久しぶりの感覚だった。

開場を待つ時間、ファンの表情、会場の期待と熱気どれをとっても心地の良いものであった。

この感覚を求めて今まで観戦してきたのだろう。

舞台もG1決勝戦と最高の形となった。

両国が観客で埋まっていた。

とてもうれしい光景だった。

本日の試合が行なわれるまで誰が勝ち上がるのか読めなかったリーグ戦。

だが意外な2人の決勝戦となった。

後藤洋央紀と真壁刀義。

誰もが予想し切れなかった後藤と己の信念を貫き通した真壁の戦いとなった。

P1020627777

次回に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1.4東京ドーム | 2004年新日本両国国技館大会 | 2004年新日本後楽園大会観戦 | 2005年新日本両国国技館大会観戦 | 2005年新日本後楽園大会観戦 | 2005年新日本東京ドーム大会観戦 | 2006年新日本ジオポリス大会 | 2006年新日本両国国技館 | 2006年新日本後楽園ホール | 2006年新日本東京ドーム | 2007年ベストバウト | 2007年新日本M.V.P | 2007年新日本プロレス | 2007年新日本両国大会観戦 | 2007年新日本後楽園大会観戦 | 2008.8.17G1 CLIMAX観戦 | 2008NEW JAPAN CUP | 2008年後楽園ホール観戦 | 2008年新日本両国大会観戦 | 2009年両国国技館大会 | 2009年後楽園ホール大会観戦 | 2010年両国国技館観戦 | 2010年後楽園ホール観戦 | 2011年 G1 CLIMAX | 2011年ディファ有明観戦 | 2011年両国国技館大会観戦 | 2011年後楽園ホール大会観戦 | 2012 KIZUNA ROAD | 2012レスリングオブザーバー賞 | 2012年後楽園ホール大会観戦 | G1 CLIMAX2010 | G1 CLIMAX22 | G1クライマックス | G1タッグ | KAMINOGE | KING OF PRO-WRESTLING | LOCK UP後楽園観戦 | NEVER | NJPW 40th anniversary | Road to DESTRUCTION | WORLD TAG LEAGUE2012 | WRESTLE KINGDOM 7 | ZARD/坂井泉水 | ZERO1・1.1元旦観戦 | アントニオ猪木 | キングオブプロレスリング | キング・ファレ | シンニチ プレミアムストアー | スポーツ | タイガーマスク | ツイッターフォロワー | ファンクラブ会報誌 | プリンス・デヴィット | プロレス | ミラノコレクションA.T | ライガー | ラジオ新日本プロレス | レッスルランド | ワールドプロレスリング3D | 三沢光晴 | 上井取締役 | 中西学 | 中邑真輔 | 五輪メダリスト銀座パレード | 井上亘 | 佐々木健介 | 前田日明 | 大プロレス祭りinアキバ | 天山広吉 | 小島聡 | 山本小鉄 | 山本尚史 | 岡田かずちか | 後藤洋央紀 | 懐かしい新日本グッズ | 新日本のヤングライオン | 新日本ジュニア | 新日本チャンネル | 新日本プロレス | 新日本プロレス後楽園観戦 | 新日本プロレス旗揚げ40周年記念アルバム | 新日本プロレス道場 | 新日本プロレス選手寮「劇的ビフォーアフター」 | 新日本プロ身売り | 新日本契約更改 | 新日本最終戦忘年会 | 新日本東京ドーム大会 | 新日本1.4東京ドーム観戦 | 新日本3Dプロレス | 新日本vsNOAH | 新日本vsZERO1 | 日記・コラム・つぶやき | 星野勘太郎 | 映画・テレビ | 東京マラソン | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 棚橋弘至 | 橋本真也 | 永田祐志 | 燃えろ!新日本プロレス | 田中リングアナ | 田口隆祐 | 真壁刀義 | 石森太二 | | 華名と栗原あゆみ | 藤波辰巳 | 藤田和之 | 蝶野正洋 | 西村修 | 週刊ゴング | 邪道・外道 | 金本浩二 | 長州力 | 闘魂SHOP | 魔娑斗 | 魔界倶楽部