2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 観戦!!G1 CLIMAX両国国技館最終決戦①  #438 | トップページ | 小島聡の人柄と素晴らしき新日本の選手たち③  #440 »

2010.08.16

衝撃の小島聡G1 CLIMAX初制覇② #439

観戦!! 衝撃の小島聡G1 CLIMAX初制覇②

20年目のG1 CLIMAX予測不能のフリー小島初優勝。

Dsc01749999

まったく先の読めない得点経過のままこの日を迎えた。

熱狂の両国国技館が大歓声に包まれている。

歓声と落胆の声が試合ごとに沸き起こる。

Dsc016666

そして予想だにしなかった決勝戦。

棚橋vs小島に決定した。

Dsc014400

20年目のG1 CLIMAX。

記念の大会。

歴史上新日本が守ってきたG1 CLIMAX。

新日本を守るべき選ばれた棚橋弘至。

Dsc014633

だが剛腕ラりアート、小島の人生をかけた執念が上回った。

記念大会でまさかのフリー戦士小島聡の初優勝。

Dsc015033

大歓声が沸き起こる。

だがなかなか席を立ちあがれない観客。

まさにそんな感覚であった。

素晴らしき試合と大会を観戦できた感動とまさかの結末。

予測していなかった結末をしばらく整理できなかった。

あぜん、ボーゼンというところか。

Dsc015777

だが間違いないことはただ一つ。

20年目のG1 CLIMAXを締めくくるに相応し戦いであった。

小島とタナで間違いなかったのだ。

敗れたタナを批判したりするつもりもない。

観客を熱狂させて満足させる。

そして大会を締めくくる。

最後までエースの役割を果たした棚橋は素晴らしい。

G1 CLIMAXは最高だ。

この日観戦できた喜びを感じていた。

熱狂の両国大会、次回に続く。

  ↓

人気ブログランキングへ

« 観戦!!G1 CLIMAX両国国技館最終決戦①  #438 | トップページ | 小島聡の人柄と素晴らしき新日本の選手たち③  #440 »

G1 CLIMAX2010」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃の小島聡G1 CLIMAX初制覇② #439:

« 観戦!!G1 CLIMAX両国国技館最終決戦①  #438 | トップページ | 小島聡の人柄と素晴らしき新日本の選手たち③  #440 »