2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

2010年後楽園ホール観戦

2010.11.11

観戦!!G1 TAG LEAGUE 後楽園ホール優勝戦③  #466

前回の続き。

観戦!!2010.11.7 G1 TAG LEAGUE 後楽園ホール大会③

ヒーロー井上亘の誕生で終わったG1 TAG LEAGUE。

Dsc039199

最高の形で締めくくった青義軍。

1年かけて戦ってきた絆。

やはりタッグは長く組み続け戦ってきたものが勝ち残る。

タッグマッチの上手さ呼吸、コンビネーション、タッグの面白さを味わえた大会だった。

Dsc031711

それにしても新日本はやっぱり面白い。

次から次へと出てくる個性的な男たち。

Dsc032111

己の主張と個性のぶつけ合い。

Dsc032322

プライド高き選手たちの戦い。

Dsc032977

新日本で戦い抜く事、勝ちぬく事の厳しさ。

Dsc033233

誰もが頂点を狙い、主役の座を狙っている。

Dsc034122

それぞれの標的を定めた戦いはすでに始まっている。

Dsc034266

小島を狙う男たちの戦いも複雑に絡み合っている。

Dsc034855

小島にIWGPの顔じゃないとまで言われた後藤の心境はいかに。

Dsc037411

これだけ個性強く自己主張激しい新日本。

その中で亘が主役になったことがうれしい。

真面目に真っ直ぐに突き進んできた井上亘のこれからに期待したい。

新日本プロレス面白いな。

  ↓

人気ブログランキングへ

2010.11.09

金本浩二と小島聡の闘い②  #465

前回の続き。

観戦!!2010.11.7 G1 TAG LEAGUE 後楽園ホール大会②

金本浩二vs小島聡

Dsc035600

G1 TAG LEAGUEにはエントリーせずシングルマッチを戦ってきた小島。

内藤、ライガー、この日の金本など楽しみな対戦が組まれた。

Dsc035955

若手のころは幾度どなく戦ってきた両者。

小島の少し先輩に当たる金本。

今の新日本ではライガー、飯塚、天山、金本しかいない。

そう考えると若い世代の壁となって小島は今新日本で戦っているのかもしれない。

Dsc036011

そんな小島に対して数少なくなった先輩の一人金本は厳しい表情で小島と向かい合った。

新日本一筋で戦ってきた意地を見せつけた。

Dsc036177

体格とパワーでは劣るが、的確な打撃とグランドで小島を攻めた。

ジュニアとヘビーとかIWGP王者とか関係なく、金本と小島の戦いを見れた気がする。

Dsc036511_2

だが最後はラりアットで一撃必殺の威力を見せ付けた。

Dsc037011

派手な攻防はなったかもしれないが、感情をぶつけ合ったいい試合だった。

熱狂の後楽園大会、次回に続く。

  ↓

人気ブログランキングへ

2010.11.08

井上亘歓喜のG1 TAG初優勝① #464

観戦!!2010.11.7 G1 TAG LEAGUE 後楽園ホール大会①

井上亘のためにあった G1 TAG LEAGUE。

Dsc040844

G1 TAG LEAGUE決勝戦が熱狂空間に包まれた。

超満員の館内が熱気で暖かくなっている。

亘コールの大合唱。

永田、井上歓喜のG1 TAG初優勝。

新日本一筋、努力の男がタッグの頂点へ。

Dsc0386333

ジュニアでもヘビーになっても直線的な真っ向勝負。

どんな時でもファイトスタイルは変わらない。

気合いと気迫の新日本で叩き込まれたストロングスタイル。

後輩たちに先を越されても腐ることなく戦い続けた。

相手の内藤、裕二郎、そして棚橋、真輔、後藤、田口、デヴィットすべて後輩。

やっと掴んだ主役の座。

そんな亘を応援せずにはいられない。

Dsc039455

マイクアピールからもすべてにおいて人の良さ、真面目さが伝わってくる。

ファンクラブ会員の撮影会で何度か握手してもらったがどんな時でも真面目で人がいい。

こんな試合を観戦出来て良かったのだ。

Dsc038855

そして永田裕志。

新日本の闘いに永田裕志はなくてはならぬ。

青義は勝つ。

熱狂の後楽園大会、次回に続く。

   ↓

人気ブログランキングへ

2010.09.09

感動の旅姿六人衆⑥ #453

前回の続き⑥

観戦!!新日本9.3後楽園ホール山本小鉄追悼大会

全試合終了後感動的なエンディングが待っていたのです。

Dsc027666

小鉄さんの映像と共に曲が流れました。

「旅姿六人衆」

感動と共に嬉しさがこみあげてきたのです。

この曲を聞けば思いだすことがあるのです。

猪木vs藤波戦の試合後にワールドプロレスで流れましたね。

とても切ない試合でした。

リアルタイムで見ていた者にとって思い出深い曲なのです。

この時は猪木が引退してしまうのではないかという悲しみがあった試合です。

Dsc027622_2

この曲をこの日に選曲した新日本のスタッフに嬉しさを感じました。

P10606899_2

この日後楽園ホール大会に参加できた喜びを感じています。

小鉄さんありがとう。

新日本ありがとう。

小鉄さんの思いの詰まった新日本プロレスをこれからも応援し続けていきます。

P10606999

帰りに後楽園ホール内のポスターを撮ってみました。

P10607033

Dsc0272444

山本小鉄さん追悼大会。

この日の感動を忘れない。

感動の小鉄コールを忘れない。

 ↓

人気ブログランキングへ

2010.09.08

小島と本間の再会は新日本のリングで⑤ #452

前回の続き⑤

観戦!!新日本9.3後楽園ホール山本小鉄追悼大会

<小島聡vs本間朋晃>

Dsc021777

この2人で思いだすのはやはり小島vs天山のダブルタイトルマッチである。

録画した映像でも何度も見た。

小島のセコンドにいた本間。

ちなみに石狩もいた。

Dsc021988

新日本対全日本との対抗戦で小島にピッタリと寄り添っていた姿をはっきりと覚えている。

その小島と本間が新日本のリングでシングルマッチ。

プロレス特有の面白さでもある。

Dsc022066

新日本のリングでは結果も大きなチャンスにも恵まれていない本間。

それでも本間は新日本のリングで新日本のプライドを持って頑張っている。

そんな思いは小島に伝わったのではないだろうか。

頑張れ本間。

熱狂の後楽園大会、次回に続く。

  ↓

人気ブログランキングへ

2010.09.07

井上亘のためのIWGPタッグ挑戦決定④  #451

前回の続き④

観戦!!新日本9.3後楽園ホール山本小鉄追悼大会

<永田、井上vs内藤、高橋>

Dsc022499

IWGPタッグのベルトを掛けて何度も戦ってきた。

次期IWGPタッグ挑戦者決定戦というべきカードでもあったし実際にそうなった。

意外というべきか、大きな反則もなく決着がついた。

完璧なスリーカウント。

Dsc022800

だがこの試合タッグでありながら個人闘争にも見えた。

内藤の標的はこのシリーズ棚橋である。

棚橋に完全に目が行っている。

裕二郎は永田を盛んに挑発して激しくぶつかりあった。

Dsc022999

永田裕志は厳しい攻撃を仕掛けていった。

新日本の闘いを体で伝えているようだ。

小鉄さん亡き後も新日本の闘いを絶やさぬようにと。

こういう気持ちのぶつかり合いは新日本らしくて好きな戦いなのだ。

Dsc023055

そして、勝利してIWGPタッグの挑戦の決まった永田、井上。

ヘビー級ーに転向して以来大きく飛躍できていない亘。

ファンの声援も大きく期待も大きい。

だがなかなか結果が出ない。

この日も後輩の内藤、裕二郎の目は亘には向いていなかった。

屈辱的でもあるだろう。

Dsc023488

だが亘には期待しているのだ。

新日本の直線的で攻撃的な戦いを貫く、生え抜きの新日本。

IWGPタッグは井上亘のために与えられた挑戦なのだと思っている。

熱狂の後楽園大会、次回に続く。

 ↓

人気ブログランキングへ

2010.09.05

観戦!!熱く、激しい新日本の闘い③  #450

前回の続き③

観戦!!新日本9.3後楽園ホール山本小鉄追悼大会

熱く、激しい新日本の闘い。

Dsc024144

真壁、棚橋、後藤 vs中邑、矢野、田中

自己主張強く、プライド高き男たちの闘い。

Dsc024188

IWGPを掛けて戦う真壁と田中。

むき出しの感情で激しくぶつかり合った。

抑えきれない本物の感情。

Dsc024277

どんな時でも絶好調の棚橋弘至。

中邑、後藤の同期の2人の激しい戦い。

Dsc024599

真輔の心も折れてはいない。

強さを求めて戦い抜く。

Dsc024800

そして田尻の乱入。

個性豊かな男たちがぶつかり合う新日本のリング。

Dsc024855_2

遠慮など要らない。

強い者だけが生き残る。

新日本の闘いは面白い。

最高だぜ。

熱狂の後楽園大会、次回に続く。

  ↓

人気ブログランキングへ

デヴィット、小鉄さんに捧げた勝利② #449

前回の続き②

観戦!!新日本9.3後楽園ホール山本小鉄追悼大会

デヴィット、小鉄さんに捧げた勝利。

Dsc026177

勝利した瞬間コーナーポストに駆け上がり喪章を指さした。

小鉄さんにむけた勝利の報告。

デヴィットよ立派な新日本のレスラーでありメインイベンターだ。

Dsc025277

プリンス・デヴィットvsケニー・オメガ

大事な大会を締めくくるメインイベント。

後楽園ホールでのデヴィットの絶大なる人気と新日本がデヴィットに寄せる信頼感。

Dsc025422

新日本のリングでデヴィットがメインを締めるのはもはや不思議ではない。

スピード感あふれる動きで観客を魅了するデヴィットとオメガ。

Dsc025888

停まることのない2人の動き。

熱狂する館内。

後楽園ホールが沸きに沸いている。

Dsc026899

最高の形でメインを締めたデヴィット。

異国の国からやってきて新日本道場で鍛え上げられ頂点を掴みとったデヴィット。

小鉄さんが守り続けた道場で生まれ育てられた新日本のレスラー。

プリンス・デヴィット。

追悼大会を締めくくるのに相応しい選手であった。

Dsc026744

デヴィット最高だぜ。

熱狂の後楽園大会、次回に続く。

  ↓

人気ブログランキングへ

2010.09.04

観戦!!追悼大会山本小鉄① #448

観戦!! 新日本プロレス9.3後楽園ホール①

山本小鉄追悼大会

P10607088

一か月程前にこの日の大会のチケットは買ってあった。

その大会が山本小鉄さんの追悼大会になろうとは思いもよらなかった。

突然すぎる、早すぎる死。

だがこの日の大会を観戦で来て良かった。

立ち会えてよかった。

新日本プロレススタッフからも小鉄さんへの思いが伝わってきた。

選手からも小鉄さんへの気持ちが伝わってきた。

第0試合で行われた三上vs高橋。

Dsc020300

小鉄さんに見せるかのように、2人の戦う気持ちが伝わってきた。

気持ちがこもっていた。

2人の闘いで幕が開いた。

新日本後楽園ホール追悼大会、次回へ続く。

 ↓

人気ブログランキングへ

2010.07.17

デヴィットと新日本ジュニアの熱い戦い⑥  #428

前回の続き⑥

観戦!! 7.11新日本後楽園ホール大会。

観戦から時間が過ぎ、札幌大会に向けて進んでいる。

Dsc003822

メインの役割を見事に果たしたデヴィット。

後楽園ホールではジュニアの選手が、デヴィットがメインを務めることが違和感なく受け入れられている。

戦いで観客を熱狂させてきた。

戦いでファンを引き付けてきた。

新日本ジュニアの頂点に立ったデヴィットはかっこいい。

次は田口とのApollo55でIWGPジュニアタッグ選手権。

一気に時代を掴みとれるのか。

Dsc097633

タッグながらKENTA戦もひかえている田口隆祐。

ノアにも借りがある田口は燃えている。

デヴィットと共に新日本ジュニアを引っ張っていかなければならない選手なのだ。

Dsc001833

そしてまだまだ元気な金本浩二。

オメガとも激しい試合でファンの沸かせた。

ライガーがメキシコ遠征、タイガーの欠場の中、若きジュニア勢の壁となって立ちはだかる。

田口、デヴィット組、飯伏、オメガ組、どちらも見てみたい戦いである。

そして最後に7.11後楽園ホール大会を観戦して。

やっぱり新日本は面白い。

満足させてもらったぜ。

次はG1クライマックス観戦予定。

早く見たいよ新日本の戦いを。

 ↓

人気ブログランキングへ

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1.4東京ドーム 2004年新日本両国国技館大会 2004年新日本後楽園大会観戦 2005年新日本両国国技館大会観戦 2005年新日本後楽園大会観戦 2005年新日本東京ドーム大会観戦 2006年新日本ジオポリス大会 2006年新日本両国国技館 2006年新日本後楽園ホール 2006年新日本東京ドーム 2007年ベストバウト 2007年新日本M.V.P 2007年新日本プロレス 2007年新日本両国大会観戦 2007年新日本後楽園大会観戦 2008.8.17G1 CLIMAX観戦 2008NEW JAPAN CUP 2008年後楽園ホール観戦 2008年新日本両国大会観戦 2009年両国国技館大会 2009年後楽園ホール大会観戦 2010年両国国技館観戦 2010年後楽園ホール観戦 2011年 G1 CLIMAX 2011年ディファ有明観戦 2011年両国国技館大会観戦 2011年後楽園ホール大会観戦 2012 KIZUNA ROAD 2012レスリングオブザーバー賞 2012年後楽園ホール大会観戦 G1 CLIMAX2010 G1 CLIMAX22 G1クライマックス G1タッグ KAMINOGE KING OF PRO-WRESTLING KNOCK OUT! LOCK UP後楽園観戦 NEVER NJPW 40th anniversary nottvワールドプロレスリング Road to DESTRUCTION WORLD TAG LEAGUE2012 WRESTLE KINGDOM 7 ZARD/坂井泉水 ZERO1・1.1元旦観戦 アントニオ猪木 キングオブプロレスリング キング・ファレ シンニチ プレミアムストアー スポーツ タイガーマスク ツイッターフォロワー ファンクラブ会報誌 プリンス・デヴィット プロレス ミラノコレクションA.T ライガー ラジオ新日本プロレス レッスルランド ワールドプロレスリング3D 三沢光晴 上井取締役 中西学 中邑真輔 五輪メダリスト銀座パレード 井上亘 佐々木健介 前田日明 大プロレス祭りinアキバ 天山広吉 小島聡 山本小鉄 山本尚史 岡田かずちか 後藤洋央紀 懐かしい新日本グッズ 新日本のヤングライオン 新日本ジュニア 新日本チャンネル 新日本プロレス 新日本プロレス後楽園観戦 新日本プロレス旗揚げ40周年記念アルバム 新日本プロレス道場 新日本プロレス選手寮「劇的ビフォーアフター」 新日本プロ身売り 新日本契約更改 新日本最終戦忘年会 新日本東京ドーム大会 新日本1.4東京ドーム観戦 新日本3Dプロレス 新日本vsNOAH 新日本vsZERO1 日記・コラム・つぶやき 星野勘太郎 映画・テレビ 東京マラソン 柴田勝頼 栗原あゆみ 棚橋弘至 橋本真也 永田祐志 燃えろ!新日本プロレス 田中リングアナ 田口隆祐 真壁刀義 石森太二 華名と栗原あゆみ 藤波辰巳 藤田和之 蝶野正洋 西村修 週刊ゴング 邪道・外道 金本浩二 長州力 闘魂SHOP 魔娑斗 魔界倶楽部