2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 新日本プロレス観戦終了後⑦    #506 | トップページ | 3月6日俺たちは新日本プロレス①  #508 »

2011.02.28

新日本3Dプロレス最高だね  #507

観戦!! ワーナーマイカル板橋 「1.4東京ドーム3D」。

新日本プロレスの進化が止まらね~。

ブログの更新が進まね~。

久しぶりのブログ更新である。

Dsc_13577

更新再開は「1.4東京ドーム3D」鑑賞。

前回の「G1クライマックス3D」に続いて2度目となる。

大画面、大音響で見るプロレスは最高である。

ましてや、3D。

ど迫力。

面白い。

新日本の選手、キャラクターは3Dに向いているのだ。

それぞれの個性が3Dで際立っている。

その中でもデヴィット、飯伏の戦いは結果が分かっているのに引き込まれた。

3Dプロレスを体現している男達。

見る者をどよめかせるほどの迫力が伝わってきた。

何度見ても面白いのだ。

そして3Dプロレスに欠かす事の出来ない男、棚橋弘至。

棚橋なしでは成立しない3Dプロレス。

小島の存在もあまりにも大きい。

前回も今回もメインのカードは棚橋vs小島戦。

3Dプロレスの上映は結果を知った上で見に来ているのである。

そのためには良い試合、ファンを満足させる戦いでなければならないのだ。

そう考えると棚橋、小島は3Dに選ばれし男たちだと考えられる。

間違いなく良い試合を提供出来る2人。

3Dに引き立つ技を繰り出す2人。

第一弾、第二弾の3Dプロレスを同じカードで満足させたのである。

小島聡、新日本復帰。

G1決勝 棚橋vs小島

G1 3Dプロレス棚橋vs小島。

1.4ドーム 棚橋vs小島

1.4ドーム 3Dプロレス棚橋vs小島。

仙台の棚橋vs小島

地方活性化。

繋がっている。

すべては線でつながっている。

2人の戦いは新日本を上昇気流に乗せている。

同じカードですべて満足させてきた棚橋、小島は素晴らしい。

棚橋、小島で勝負してきた新日本も素晴らしいのだ。

3Dプロレス鑑賞してこんな事を感じたのだった。

  ↓

人気ブログランキングへ

« 新日本プロレス観戦終了後⑦    #506 | トップページ | 3月6日俺たちは新日本プロレス①  #508 »

新日本3Dプロレス」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新日本3Dプロレス最高だね  #507:

« 新日本プロレス観戦終了後⑦    #506 | トップページ | 3月6日俺たちは新日本プロレス①  #508 »