観戦記の締めくくり、新日本両国決戦④   #572

前回の続き④

観戦!!2011.10.10新日本両国国技館決戦④

○小島聡 vs ×天山広吉

お互いを高め合い刺激しあう天コジ対決。

二人にしか分からぬ感情がある。

激しくぶつかり合った。

Dsc079861_2

今回は小島の勝利で決着がついた。

だが終わりなき戦い。

まだまだこれからといっていい。

G1タッグもある、12.11での一騎打ちも決まった。

小島デビュー20周年記念大会でなんらかの答えがでそうな気がしている。

Dsc079981_2

両国国技館決戦観戦記の締めくくり。

両国国技館に入って突き当たり正面に飾られていたパネル。

P10602691

G1の激闘の証。

8月のG1で感動の優勝を手にした真輔が、この日の両国では第4試合。

新日本で生き残りを掛けた闘いはやはり激しい。

選手層の厚い新日本、誰もがトップの座を狙う強者ばかり。

だが頂点はただ一つ。

うかうかしていたら取り残される。

競争は激しい。

やはり新日本で戦う事は厳しいのだ。

P10602731

開場直後の両国国技館館内。

P10602772

今回の両国は確かに厳しい入りではあった。

タナが言うように、もっと棚橋vs内藤戦を多くの方に見てもらいたかった。

だが悲観することはないと思っている。

P10602821

とにかくいい試合を続けていれば必ずファンは付いてくる。

今の新日本はそれが出来ている。

エースタナはことごとく実証している。

必ず報われる。

Dsc085241

熱く、激しく、感動的だった両国決戦。

映像で是非見て欲しい。

新日本プロレス、本当に面白いのだ。

   ↓

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新日本<破壊>DESTRUCTION ③    #571

前回の続き③

観戦!!2011.10.10新日本両国国技館決戦③

DESTRUCTION <破壊>この大会のタイトル名である。

新日本は一度自らの手で破壊しようとしたのか、意味深なタイトルと結果が続いた。

Dsc081093

ちょっと強引ながらもタイトル挑戦が決定した田中将人。

そしてタイトル奪取。

新日本の所属選手さえもまいていないIWGPインターコンチネンタル。

シングルのIWGPと名の付くベルト奪取。

これは快挙ではないか。

田中将人の実力もさることながら、新日本に認められているからこそ起きた結果であるともいえる。

Dsc079681

アポロ55敗れる。

この結果には両国にどよめきが起こった。

まさかの結末。

リチャーズ、ロメロの挑戦もちょっと唐突な感じもあった。

それがまさかの王者奪取。

新日本のタッグ戦線で絶対的王者の陥落。

最近の新日本ジュニアはライガーもメキシコ、金本も新日本には限定出場。

新日本同士の試合で最高峰と呼ばれる試合が少ない現状であった。

飯伏の怪我も予定外だったと考えられる。

ここらでちょっと刺激が必要だったのかもしれない。

新日本ジュニアに新たな動きがあるような気がしている。

Dsc082752

リングサイドに現れた高山。

なんの前触れもなく鈴木vs真壁戦をリングサイドで観戦し、試合後真壁をノックアウト。

破棄された真壁。

そして最後はメインイベント終了後IWGPベルトを強奪した矢野。

Dsc086791

DESTRUCTION <破壊>が現実となった。

安定期の王者や真壁、安定化してきた新日本を一度破壊し新たな戦いを生み出そうとしているのかと思えてきた。

普段とは違う刺激的な結末や動きが多かった。

この大会を期に新たな動きが始まる、そんな大会であった。

だがこんな新日本は面白い。

ファンの予測を上回るものを見せてくれる新日本。

それにどんな結末が多くても最後にはタナがいる。

それがエースの役割。

タナの存在は大きい。

Dsc087731

どんな事が起こっても最後はタナが満足のハッピーエンドで締めくくった。

熱狂の両国国技館大会、次回に続く。

  ↓

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観戦!鈴木みのるの新日本四天王狩り②  #570

前回の続き②

観戦!!2011.10.10新日本両国国技館決戦②

真壁刀義vs鈴木みのる

鈴木みのるの新日本四天王狩り。

Dsc082111

口の悪さも、こわもて顔も引けを取らぬ二人の戦い。

前哨戦でも舌戦を繰り広げた。

ゴングが鳴れば、激しい張りあいどつきあい。

気持ちと気持ちのぶつかり合い。

感情のぶつけ合い。

Dsc082041

お互い引くことなく打撃をぶつけ合う。

互いに意地でも負けられない。

華麗な技などないかもしれない。

だが新日本らしい魂の闘い。

Dsc081601

感情むき出しの中にも冷静に鈴木の完璧なスリーパー。

そして最後は的確なゴッチ式パイルドラーバー。

完璧なスリーカウント。

真壁敗れたり。

Dsc081751

鈴木みのるの新日本四天王狩りに成功。

鈴木みのるの次なる標的は棚橋なのか。

そして真壁に制裁を加えた高山の標的は誰なのか。

新日本の見逃せない闘いは続いていく。

Dsc082471

鈴木、高山に叩きのめされた真壁刀義。

屈辱的な敗戦。

このままでは終われない。

熱狂の両国国技館決戦、次回に続く。

  ↓

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観戦!新日本両国決戦 棚橋防衛V8①  #569

観戦!!2011.10.10 新日本両国国技館決戦①

IWGPヘビー級選手権試合 棚橋弘至vs内藤哲也

Dsc085952

熱狂の両国国技館のメインに登場した逸材と天才。

華のある2人に歓声が飛ぶ。

観客の内藤に対する期待はあまりにも大きい。

内藤を後押しする声援が多い。

大歓声が飛ぶ。

一気に頂点へ、スター誕生の瞬間を目撃するのも悪くはない。

期待に応え内藤は躍動した。

Dsc084341

終盤の攻防はシビレルものがあった。

途切れることのない悲鳴と歓声。

ライブでしか味わえないスリルと緊張感。

最高の試合を2人は見せた。

だが最後は磐石の王者棚橋弘至が勝利した。

IWGP王者として幾度となくメインを勤め王者としての戦いを積み重ねてきた棚橋。

天才と呼ばれる内藤の全てを引き出し、受けとめた上で勝利した。

会場を沸かせ熱狂させる。

王者としてエースとしての戦いを見せた。

Dsc084731

それでも内藤も素晴らしい。

棚橋に憧れ見続け対戦を重ねるごとに成長してきた。

肩を並べるまでにたどり着いたこの日。

棚橋に手を上げられた内藤はやはり感慨深いものがあったのではないだろうか。

Dsc087601

疲れた体でも最後の最後までファンを楽しませ最後を締めた棚橋。

やはり棚橋弘至はエースなり。

熱狂の両国決戦、次回に続く。

  ↓

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1.4東京ドーム | 2004年新日本両国国技館大会 | 2004年新日本後楽園大会観戦 | 2005年新日本両国国技館大会観戦 | 2005年新日本後楽園大会観戦 | 2005年新日本東京ドーム大会観戦 | 2006年新日本ジオポリス大会 | 2006年新日本両国国技館 | 2006年新日本後楽園ホール | 2006年新日本東京ドーム | 2007年ベストバウト | 2007年新日本M.V.P | 2007年新日本プロレス | 2007年新日本両国大会観戦 | 2007年新日本後楽園大会観戦 | 2008.8.17G1 CLIMAX観戦 | 2008NEW JAPAN CUP | 2008年後楽園ホール観戦 | 2008年新日本両国大会観戦 | 2009年両国国技館大会 | 2009年後楽園ホール大会観戦 | 2010年両国国技館観戦 | 2010年後楽園ホール観戦 | 2011年 G1 CLIMAX | 2011年ディファ有明観戦 | 2011年両国国技館大会観戦 | 2011年後楽園ホール大会観戦 | 2012 KIZUNA ROAD | 2012レスリングオブザーバー賞 | 2012年後楽園ホール大会観戦 | G1 CLIMAX2010 | G1 CLIMAX22 | G1クライマックス | G1タッグ | KAMINOGE | KING OF PRO-WRESTLING | LOCK UP後楽園観戦 | NEVER | NJPW 40th anniversary | Road to DESTRUCTION | WORLD TAG LEAGUE2012 | WRESTLE KINGDOM 7 | ZARD/坂井泉水 | ZERO1・1.1元旦観戦 | アントニオ猪木 | キングオブプロレスリング | キング・ファレ | シンニチ プレミアムストアー | スポーツ | タイガーマスク | ツイッターフォロワー | ファンクラブ会報誌 | プリンス・デヴィット | プロレス | ミラノコレクションA.T | ライガー | ラジオ新日本プロレス | レッスルランド | ワールドプロレスリング3D | 三沢光晴 | 上井取締役 | 中西学 | 中邑真輔 | 五輪メダリスト銀座パレード | 井上亘 | 佐々木健介 | 前田日明 | 大プロレス祭りinアキバ | 天山広吉 | 小島聡 | 山本小鉄 | 山本尚史 | 岡田かずちか | 後藤洋央紀 | 懐かしい新日本グッズ | 新日本のヤングライオン | 新日本ジュニア | 新日本チャンネル | 新日本プロレス | 新日本プロレス後楽園観戦 | 新日本プロレス旗揚げ40周年記念アルバム | 新日本プロレス道場 | 新日本プロレス選手寮「劇的ビフォーアフター」 | 新日本プロ身売り | 新日本契約更改 | 新日本最終戦忘年会 | 新日本東京ドーム大会 | 新日本1.4東京ドーム観戦 | 新日本3Dプロレス | 新日本vsNOAH | 新日本vsZERO1 | 日記・コラム・つぶやき | 星野勘太郎 | 映画・テレビ | 東京マラソン | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 棚橋弘至 | 橋本真也 | 永田祐志 | 燃えろ!新日本プロレス | 田中リングアナ | 田口隆祐 | 真壁刀義 | 石森太二 | | 華名と栗原あゆみ | 藤波辰巳 | 藤田和之 | 蝶野正洋 | 西村修 | 週刊ゴング | 邪道・外道 | 金本浩二 | 長州力 | 闘魂SHOP | 魔娑斗 | 魔界倶楽部