2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロレスBOOK

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 間に合った新日本東京ドーム大会①  #592 | トップページ | 内藤が武藤戦で得たものとは③  #594 »

2012.01.05

観戦!棚橋IWGP王座11度目の防衛②   #593

前回の続き。

観戦!!2012.1.4レッスルキングダム東京ドーム大会。

IWGPヘビー級選手権試合 棚橋弘至vs鈴木みのる

Dsc00114001

新日本を守れ、棚橋弘至。

IWGPの歴史を塗り替えろ、棚橋弘至。

Dsc00092001

緊張感のある闘いが始まった。

グランドレスリング、打撃と新日本らしい闘いが繰り広げられている。

派手な大技などないが目が離せない攻防が続く。

Dsc00143001

やはり試合のポイントとなった鈴木のスリーパー。

意識が遠のく。

そして的確で完璧に決まったゴッチ式パイルドライバー。

館内に悲鳴が響いた。

やられたのか。

Dsc00150001

棚橋が返した。

悲鳴と歓声が響き続ける。

そこから先は、お互いの意地と意地がぶつかり合った。

最後はハイフライフロー。

棚橋執念の勝利。

Dsc00309002

IWGPの歴史を塗り替えた11度目の防衛。

最高のハッピーエンド。

東京ドーム大会を最高の形で締めくくった。

Dsc00344002

やはり棚橋弘至はエースなり。

すべての面においてエースの役割を全うしている。

タナ最高だね。

熱狂の東京ドーム大会、次回に続く。

  ↓

人気ブログランキングへ

« 間に合った新日本東京ドーム大会①  #592 | トップページ | 内藤が武藤戦で得たものとは③  #594 »

新日本1.4東京ドーム観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観戦!棚橋IWGP王座11度目の防衛②   #593:

« 間に合った新日本東京ドーム大会①  #592 | トップページ | 内藤が武藤戦で得たものとは③  #594 »