« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

NOTTVワールドプロレスリング完全版       #871

NOTTVワールドプロレスリング完全版

Dsc_010555

昨日日曜21時から放送された120分スペシャルです。

今は録画機能もあり活用しまくっています。

「DOMINION6.21」 2014.6.21大阪府立体育館大会。

Dsc_010666

飯伏幸太 vs リコシェ

中邑真輔 vs バットラック・ファレ

嬉しいノーカット放送です。

画質も綺麗です。

Dsc_009888

今やスマホはほとんどの方が常に持ち歩いているもので、そのスマホで見れることに可能性を感じています。

放送開始当初から見ています。

電波が届かなくても録画さえしておけば電車の中でも移動の暇つぶしにも最適です。

64GBのメモリーカードであれば録画もたくさんできます。

一覧で表示されます。↓

Dsc_010888

新日本プロレス大作戦も放送されています。

Dsc_010999

今回の真輔選手のサーフィン編の前編ですが、面白いです。

真輔選手最高っす。

Dsc_012666

NOTTVは新日本公式サイトでもほとんど触れられることはないのです物凄く活用して楽しんでいます。

どんどん放送してほしいと思います。

スマホで新日本プロレス。

       ↓


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

G1の衝撃!真輔、棚橋、柴田に敗れる      #870

「G1 CLIMAX24」

G1の衝撃!真輔、棚橋、柴田に敗れる。

真輔に至っては10年ぶりの一騎打ちで再び柴田に敗北。

20140727_15531000

この写真は10年前のクリアファイルです。

新闘魂三銃士と呼ばれていた時代の3選手。

「G1 CLIMAX 2004」に出場したときのものです。

週刊プロレス全員プレゼント企画で応募してもらったものです。

以前も載せたことがあったかと思いますがカッコいいので載せました。

20140727_155437777

あれから10年。

G1という舞台で再び戦う姿を見る事になるのは不思議な感じがしました。

別々の道を歩んだ者が同じ舞台で再び戦うとは。

人生観、生き様をぶつけ合うプロレスってやっぱり面白いよなーって、あらためて思いました。

決着はつきましたがこれで終わりではなく、新たな戦いの始まりだと思います。

とくにG1の舞台では過酷なリーグ戦を戦い抜き最後に勝ち残ったものが勝者であります。

「G1 CLIMAX24」は始まったばかりです。

まったく読めない勝敗の行方。

どうなる「G1 CLIMAX24」。

見逃せない!!

 

     ↓


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

G1CLIMAX24開幕! チラシ利用と優勝予想     #869

G1CLIMAX24  空前絶後の夏が来る! 

20140722_09253333

このチラシがいいですね、利用します。

写真もいいのですが、裏の対戦表とスケジュールが管理しやすく、対戦結果も記入して利用させてもらいます。

Dsc_007888

21日の祝日に久しぶりにイオンモール幕張新都心内ブシロードストアに行きました。

さすがにこの日は最新のキングオブプロレスリングは置いていありませんでしたがもうすぐ発売です。

Dsc_008555

グッズは相変わらず充実していますのでわくわくしてきます。

Dsc_0083333

幕を開けたG1CLIMAX24。

波乱の幕開けか。

実力伯仲の実力者が集まったシングルの連戦。

星取りは最後の最後までもつれること間違いなし。

心配なのは怪我だけです。

激闘の連戦なので最後まで無事に全選手乗り切ってほしいと思います。

開幕戦が日刊スポーツ裏1面に大きく掲載されました。

最終戦は表1面を期待しています。

Dsc_008998

予想は難し過ぎて希望もこめてですが、

棚橋弘至(A1位) vs AJスタイルズ(B1位) です。

優勝 棚橋弘至。

公式サイトで豊本明長さんとファンキー加藤さんも予想されています。

お二人の意見と同じになってしまいますが、西武ドームに相応しい試合。

西武ドームという大舞台でタナとAJなら熱狂空間の試合を間違いなく作れると思います。

進化した二人の実力者の試合。

何年か越しの久しぶりの一騎打ちを是非見てみたいなという気持ちです。

    ↓


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »