ドームへの道、新日本愛知大会  #585

新日本プロレス今年最後のビッグマッチ。

豪華なカードが出揃った愛知大会。

本日は仕事でした。

Twitterやネットで結果を知ることになった。

時間が出来たら又詳しく書いてみたいと思います。

結果に関してはほぼ順当な勝敗がついたと感じています。

今回の結果でドーム大会のカードが見えてきたような対戦がいくつか生まれました。

棚橋vs鈴木 真壁vs高山 後藤vs杉浦

そのなかで真輔の相手が誰になるのか見えてこない分楽しみな感じです。

あと、後藤にはそろそろ結果が必要ではないのか、その思いが強いです。

ノア勢の試合後のコメントなどを見るとやはり他団体に負ける悔しさを感じます。

鈴木みのる、高山、ノア、負けられない東京ドームでの闘い。

とにかく映像で早く愛知大会が見たいです。

大阪、愛知、全国に広がる新日本の暑き闘い。

嬉しく思う。

  ↓

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飯伏幸太のスーパージュニア  #530

飯伏幸太の優勝で幕を閉じた今年のスーパージュニア。

Dsc09389

悔しい。

悔しいというのは飯伏が優勝した事ではなく、この大会を生で観戦できな事が悔しのだ。

2009年、2010年と2年連続で決勝戦を生で観戦し感動を味わってきた。

今年もと思っていたのだが仕事の壁に阻まれた。

悔しいのだ。

熱狂空間を味わいたかった。

Dsc018555

ブログ内では飯伏が本命かと書いていた。

2009年準決勝敗退。

2010年決勝戦敗退。

飯伏にとってはスーパジュニアで残すは優勝のみとなっていたからだ。

実績で物語っていた。

昨年は何が何でもデヴィットに優勝してほしかった。

胃が痛む思いで観戦していた。

だが今年は飯伏優勝と分かった瞬間、彼ならしょうがないかと思わせた気持ちがあった。

それは飯伏が新日本で積みかせねてきたこの3年間の戦いがそんな思いにさせてきた。

ファンの気持ちを引き付けた。

新日本ファンの気持ちを戦いで掴みとってきたのだと思う。

決勝戦見たかったな。

そして来年こそは田口が優勝なのだ。

  ↓

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

10万アクセス新日本プロレスLOVE  #515

久しぶりの更新になりました。

その間に、昨日で10万アクセスになりました。

ありがとうございます。

Dsc085144

この世に数多く存在するブログの中で10万という数はけっして多い数字とはいえないですが、新日本を応援し続けて積み重なった数字となりました。

これからも変わらず新日本プロレスを応援していくのです。

  ↓

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます   #485

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

Dsc003377

まずは1.4東京ドーム大会。

新日本の頂点を目指す男たちの戦い。

IWGPを掛けた大一番。

今年最初の主役を掴むのは誰だ。

2011年も新日本プロレス見逃せないぜ。

  ↓

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

間近で見た新日本のど迫力の戦い③  #480

前回の続き

観戦!!2010.12.16 新日本ディファ有明大会③

ディファ有明大会2連戦の初日。

ファン投票で選ばれた Apollo55vsNO LIMIT

Dsc057900

ジュニア、ヘビーに関係なく新日本タッグのスペシャリストの対決。

Dsc058088

コンビネーション、コンディション、動き共に抜群である。

勝敗に関係なく何度もみたいし戦うほどにタッグの力量が高まっていく戦いともいえる。

Dsc058311

この日のディファ有明は新日本らしい戦いが観れた大会だった。

Dsc056233

怒りの感情を表していたタイガーや、強さ闘いを前面に出した中邑真輔。

永田、中西、井上、棚橋の感情むき出しのごつごつした戦い。

Dsc057177

いい試合というより気迫、気合い、感情、己の主張をぶつけ合う新日本の戦い。

引く事のない攻めの姿勢。

こういう試合は新日本らしくて好きなのだ。

プライド高く、個性豊かな頂点を目指す男たちの戦い。

間近で観たど迫力の戦いは面白かった。

Dsc057700

この日はメインではなかったがどんな時でもファンを満足させる棚橋はやはりエースである。

新日本プロレス最高だな。

<2010.12.16ディファ有明大会>

○タイガー、金本vs×石井、飯塚

○中邑vs×キング・ファレ

○真壁、本間vs×道、外道

後藤、×タマ・トンガvs○小島、タイチ

○棚橋、中西vs永田、×井上

○内藤、裕二郎vs×デヴィット、田口

 ↓

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

ドームを揺るがせデヴィット、飯伏  #477

前回の続き。

レッスルキングダムV in 東京ドーム対戦カード決定

豪華絢爛東京ドームのカードが発表された。

すべてのカードが興味深い。

Dsc093466

その中でIWGPジュニア選手権試合 デヴィットvs飯伏には大いに期待している。

半年前スーパージュニア決勝で戦った2人。

熱狂空間を作り出した2人の戦い、飯伏の怪我だけが悔やまれた。

だが後楽園ホールの戦いが、両国国技館のIWGPジュニアタッグで年間最高試合。

そしてついに東京ドームのシングルマッチにたどり着いた。

2人が繰り広げた戦いがドームへとたどり着いた。

ドームを揺るがす戦いになること間違いない。

飯伏が勝てばスーパースターになる可能性を秘めている。

デヴィットが勝っても同じかもしれない。

デヴィット、飯伏の戦いは見逃せない。

観たいぜ。

Dsc016444

東京ドームのメインを飾るのは、IWGPヘビー級選手権小島vs棚橋

G1、IWGPの2冠王者 小島聡。

G1で復帰して新日本の頂点に立ち続ける小島聡。

G1決勝戦、東京ドームと同じカードになった棚橋弘至戦。

だが2人の戦いで正解なのだ。

東京ドームのメインでは、観客を沸かせ熱狂させる。

大観衆を満足させねばばらない。

棚橋、小島戦なら間違いあるまい。

これがエースの役割でもある。

王者でなくても、エースは棚橋。

どんな時でも観客を満足させてきた男、棚橋弘至。

G1の借りは、東京ドームで晴らす時が来た。

タナの勝利を期待している。

<2011年1月4日 東京ドーム>

IWGPヘビー級選手権試合
小島聡
VS
棚橋弘至
 
第10試合 30分1本勝負
The Absolute Exhaust
真壁刀義
VS
田中将斗
 
第9試合 30分1本勝負
NJPW vs NOAH Battle Combustion II
中邑真輔
VS
潮崎豪
 
第8試合 60分1本勝負
TNA世界ヘビー級選手権試合
ジェフ・ハーディー
VS
内藤哲也
 
第7試合 30分1本勝負
NJPW vs NOAH Battle Combustion I
後藤洋央紀&岡田かずちか
VS
杉浦貴&高山善廣
 
第6試合 60分1本勝負
IWGP Jr.ヘビー級選手権試合
プリンス・デヴィット
VS
飯伏幸太
 
第5試合 30分1本勝負
NO JUSTICE, NO LIFE
永田裕志
VS
鈴木みのる
 
第4試合 30分1本勝負
NJPW-TNA Greatest Showcase
ロブ・ヴァン・ダム
VS
矢野通
 
第3試合 無制限1本勝負
DEEP SLEEP TO LOSE
天山広吉
VS
飯塚高史

第2試合 30分1本勝負
ROAD TO FANTASTICAMANIA
獣神サンダー・ライガー&エクトール・ガルサ
VS
マスカラ・ドラダ&ラ・ソンブラ
 
第1試合 60分1本勝負
IWGPタッグ選手権試合 3WAYマッチ
ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン
VS
ジェームス・ストーム&ロバート・ルード
VS
中西学&ストロングマン
 
第0-2試合 20分1本勝負
ワールド・プロレスリング インビテーションマッチ
金本浩二&田口隆祐
VS
ケニー・オメガ&タイチ
 
第0-1試合 20分1本勝負
ワールド・プロレスリング インタープロモーショナルマッチ
井上亘&タイガーマスク&タマ・トンガ&本間朋晃
VS
高橋裕二郎&石井智宏&外道&邪道

 ↓

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

SOUL <新日本魂、新日本の熱き戦い>  #422

NEW JAPAN SOUL

<新日本魂、新日本の熱き戦い>

SOUL、魂の闘いが全国で始まっている。

その前に、今週のワールドプロレス。

デヴィットは、やはりカッコいい。

動き、技のキレ、鍛え抜かれたボディー、スター性抜群である。

Dsc091922

7.11後楽園ホールで行われるIWGP jrヘビー級選手権試合。

デヴィットvs青木 メインイベントで行われる。

後楽園での絶大な支持を持つデヴィット。

新日本からメインを任せるほど信頼されている証である。

Dsc090077

そしてSOULにはさまざまな戦い模様が繰り広げられている。

群雄割拠の新日本。

誰もがトップを狙っている。

誰もが主役の座を狙っている。

どんな戦いであろうとインパクト残したもの勝ちである。

プライド高く、主義主張の激しい新日本の戦いは面白い。

Dsc07960

7.19 北海道 IWGPヘビー級選手権試合

真壁刀義vs中邑真輔

新日本の頂点を決める刺激的な闘い。

だがその後には、頂点を狙う男たちが虎視眈々と狙っている。

もう一つの頂点、G1 CLIMAX への闘いがすでに始まっている。

   ↓

人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

新日本の勢いは止まらない、主役は誰だ!  #415

新日本の大逆襲、勢いは止まらない。

主役は誰だ。

Dsc02417

上半期の締めくくり大阪大会が大成功に終わった。

だがもう次の戦いは始まっている。

勢い止まることなく、次の闘いへ向けて動き出す新日本の素早い姿勢は素晴らし。

闘いが点ではなく、線でつながっているのだ。

そしてカードが発表された。

7.19 北海道・北翔クロテック月寒ドーム

     IWGPヘビー級選手権試合 真壁vs中邑真輔

7.11 後楽園ホール

     IWGPジュニアヘビー級選手権試合 デヴィットvs青木篤志

7.10 ノア 有明コロシアム

     棚橋弘至vs塩崎豪

     KENTA・エドワーズvs田口、デヴィット

6・26 ノア ディファ有明

     棚橋、田口vs塩崎、青木

楽しみで、興味深いカードが並んでいる。

すべてが見たい。

個人的に見たいと思っていたKENTAvs新日本ジュニアの絡み。

ノアの中でもスタイルが一番新日本にかみ合うのではないかと思っているのだ。

棚橋、田口、デヴィットvsノア。

真輔のIWGPへの挑戦。

すべてが楽しみだ。

新日本の勢いは止まらない。

エースは誰だ。

王者は誰だ。

そして新日本の主役を奪うのは誰だ。

東京・福岡・大坂・次は北海道。

新日本の大逆襲への戦いは全国へと広がっていく。

  ↓

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新日本の大逆襲!   #414

新日本の大逆襲!

新日本の絶対に負けられない戦い

Dsc07892

結果が非常に気になった。

結果が非常に重要だった。

上半期の総決算、新日本のファンの満足いく結末となった。

嬉しい。

王者真壁の絶対に負けられない戦い。

王者として大坂大会成功の大役を見事に務めを果たした真壁、。

新日本ジュニアを背負い、丸藤に挑んだデヴィットの絶対に負けられない戦い。

ついに丸藤から至宝奪還、新日本の頂点へ。

デヴィットよ、ありがとう。

Dsc08273

新日本の勢いは本物だ。

大阪での大爆発というのにも意味がある。

東京から全国へ。

聖地後楽園ホールでの盛り上がりが全国に広がっているのではないか。

新日本プロレス見逃せないぜ。

  ↓

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新日本プロレスの戦いがいま始まる  #360

創立38周年シリーズ  後楽園、浜松の旗揚げ記念大会が終わった。

アニキ金本がやられた悔しさは残ったが、こんな事で立ち止まっていられない。

次なる闘いへ向けてこの曲を載せておく。

新日本プロレスの戦いがいま始まる。

そんな思いにさせるテーマ曲で元気になるぜ。

次なる戦いは、NEW JAPAN CUP。

新日本の熱き戦いを楽しみにしているのだ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1.4東京ドーム | 2004年新日本両国国技館大会 | 2004年新日本後楽園大会観戦 | 2005年新日本両国国技館大会観戦 | 2005年新日本後楽園大会観戦 | 2005年新日本東京ドーム大会観戦 | 2006年新日本ジオポリス大会 | 2006年新日本両国国技館 | 2006年新日本後楽園ホール | 2006年新日本東京ドーム | 2007年ベストバウト | 2007年新日本M.V.P | 2007年新日本プロレス | 2007年新日本両国大会観戦 | 2007年新日本後楽園大会観戦 | 2008.8.17G1 CLIMAX観戦 | 2008NEW JAPAN CUP | 2008年後楽園ホール観戦 | 2008年新日本両国大会観戦 | 2009年両国国技館大会 | 2009年後楽園ホール大会観戦 | 2010年両国国技館観戦 | 2010年後楽園ホール観戦 | 2011年 G1 CLIMAX | 2011年ディファ有明観戦 | 2011年両国国技館大会観戦 | 2011年後楽園ホール大会観戦 | 2012 KIZUNA ROAD | 2012レスリングオブザーバー賞 | 2012年後楽園ホール大会観戦 | G1 CLIMAX2010 | G1 CLIMAX22 | G1タッグ | KAMINOGE | KING OF PRO-WRESTLING | LOCK UP後楽園観戦 | NEVER | NJPW 40th anniversary | Road to DESTRUCTION | WORLD TAG LEAGUE2012 | WRESTLE KINGDOM 7 | ZARD/坂井泉水 | ZERO1・1.1元旦観戦 | アントニオ猪木 | キングオブプロレスリング | キング・ファレ | シンニチ プレミアムストアー | スポーツ | タイガーマスク | ツイッターフォロワー | ファンクラブ会報誌 | プリンス・デヴィット | プロレス | ミラノコレクションA.T | ライガー | ラジオ新日本プロレス | レッスルランド | ワールドプロレスリング3D | 三沢光晴 | 上井取締役 | 中西学 | 中邑真輔 | 五輪メダリスト銀座パレード | 井上亘 | 佐々木健介 | 前田日明 | 大プロレス祭りinアキバ | 天山広吉 | 小島聡 | 山本小鉄 | 山本尚史 | 岡田かずちか | 後藤洋央紀 | 懐かしい新日本グッズ | 新日本のヤングライオン | 新日本ジュニア | 新日本チャンネル | 新日本プロレス | 新日本プロレス後楽園観戦 | 新日本プロレス旗揚げ40周年記念アルバム | 新日本プロレス道場 | 新日本プロレス選手寮「劇的ビフォーアフター」 | 新日本プロ身売り | 新日本契約更改 | 新日本最終戦忘年会 | 新日本東京ドーム大会 | 新日本1.4東京ドーム観戦 | 新日本3Dプロレス | 新日本vsNOAH | 新日本vsZERO1 | 日記・コラム・つぶやき | 星野勘太郎 | 映画・テレビ | 東京マラソン | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 棚橋弘至 | 橋本真也 | 永田祐志 | 燃えろ!新日本プロレス | 田中リングアナ | 田口隆祐 | 真壁刀義 | 石森太二 | | 華名と栗原あゆみ | 藤波辰巳 | 藤田和之 | 蝶野正洋 | 西村修 | 週刊ゴング | 邪道・外道 | 金本浩二 | 長州力 | 闘魂SHOP | 魔娑斗 | 魔界倶楽部