逆転した勝敗、オカダ、内藤こんな試合があった  #615

2008年12月22日 新日本後楽園ホール大会

こんな試合もあったのです。

夢☆勝ちとして行われたこの大会。

中邑真輔vs岡田かずちか

棚橋弘至vs内藤哲也

Dsc07046001

まさに大阪決戦で闘い抜いた4人の男たち。

4年前、岡田と内藤はヤングライオンの頃だった。

生で観戦したのでこの試合は覚えている。

Dsc07052001

真輔は厳しい攻めを見せ、岡田に強さを見せつけて勝った試合だった。

二人は新日本のストロングスタイルを引き継ぐもの。

そんなん事を感じさせた。

Dsc07107001

そしてタナと内藤。

この頃から内藤の才能は開花していた。

内藤のすべてを受け止め勝利したタナ。

二人の今の原型はこの時すでにあった。

試合を積み重ね上手さも強さも増したという形になる。

Dsc07127001

この4年後に逆転した勝敗。

オカダはタナに勝ち、内藤は真輔に勝利した。

面白いと思う。

着実にヤングライオンを新日本が育ててきた証でもある。

新日本は苦しい時代こそヤングライオンを育て這い上がらせる。

古くは武藤、橋本、蝶野の闘魂三銃士もそうだった。

数年後に着実に実を結ぶ。

そして今の選手層の厚い新日本がある。

でもこの試合の4年後にIWGPを奪取したオカダ・カズチカはやはり凄いことをやってのけた。

まだ24歳のオカダはどんな進化を見せていくのだろうか。

 ↓


人気ブログランキングへ

|

2008.12.22 新日本後楽園ホール大会生観戦③ #267

前回の続き

2008.12.22新日本後楽園ホール大会生観戦

第三世代vsG.B.H

Dsc0729111

Dsc0738000

個性豊かな10人の男たち。

新日本の層の厚さを感じさせる光景でもあった。

それにしても違和感なく溶け込んでいた小島聡。

全日本では上の立場となる小島選手、同世代の多い新日本で戦うほうが肩の荷が下りて生き生きして見えたのは気のせいだろうか。

Dsc0736777

まだまだ元気な第三世代。

新日本を支えるたのもしい生え抜きの新日本戦士。

それにしても、本間や外道の乱入もなく敗れ去ったG.B.H。

負けた後の悪あがきもなかったことも少し気になった。

でもこれが1.4東京ドームに向けてのながれなのだろう。

ハッピーエンドで東京ドームへ。

Dsc0737999_2

最後を締めた中西学。

リング上も観客もなぜだか笑顔になったのでした。

今年最後の観戦となった新日本プロレス。

やっぱり新日本プロレスは面白い。

今年一年、新日本プロレスありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.22 新日本後楽園ホール大会生観戦② #266

前回の続き

2008.12.22新日本後楽園ホール大会生観戦。

<中邑真輔vs岡田かずちか>

Dsc0704555

岡田かずちかに対して、強さ怖さ、厳しい攻めを見せつけた真輔。

普段と違う一面を垣間見せた真輔は魅力的であった。

強さを追求し練習しているであろう真輔の一面を見れてよかった。

敗れはしたが真輔の顔面にパンチをぶち込んだ岡田かずちか。

どんなことをしてでも勝つという気持ちや姿勢は新日本プロレスのレスラーの証でもある。

これからの岡田かずちかに期待したい。

<棚橋弘至vs内藤哲也>

Dsc0714111

他の夢☆勝ちマッチ3試合と違い普段の棚橋流の戦いで勝負した棚橋。

対等に戦い内藤の良さを引き出したうえで、違いを見せつけ強さ見せた棚橋。

格闘技的な打撃やグランドでの強さの見せ方ではなく、プロレス流の強さで勝負した棚橋。

内藤にとっても棚橋戦はいい経験になったのだろう。

棚橋弘至はやはり素晴らしい。

Dsc0716111_2

夢☆勝ち的戦いは大歓迎であり大好きである。

リング上で叩き潰され、そこから這い上がってくるのが新日本のレスラーなり。

時代が変われど、新日本の戦いは継承されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.22 新日本後楽園ホール大会生観戦 #265

生観戦、新日本12.22後楽園ホール大会に行ってきた。

見所満載、見応えのある大会となった。

注目は「夢☆勝ちます」的な意味あいを持ったチャレンジマッチ。

Dsc0692888_2

まずは、タイガーマスクvs吉橋伸雄

まさにチャレンジマッチ。

新日本の若手全般にいえることなのだが組み合ってロックアップではなく、

とにかくタックル、かわされつぶされてもタックル、タックル。

片足とってグランドレスリング、そして打撃。

それを叩き潰し厳しい打撃を叩き込む先輩レスラー。

素晴らしい。

新日本の戦いは継承されていく。

こんな試合があれば新日本の未来は明るい、と思いながら見つめていた。

Dsc0695999

グランドでも打撃でも厳しさと怖さを見せ付けたタイガー。

こんなタイガーマスクの試合は魅力的である。

Dsc0693666

見所満載の新日本後楽園大会、次回に続く。

Dsc0710333

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.4後楽園ホール G1タッグ生観戦② #263

前回の続き。

2008.11.4後楽園ホール G1タッグリーグ生観戦。

序盤戦、観客を沸かした金本、永田。

さすがの2人。

優勝争から脱落しても内容で見せつけ存在感を見せ付ける戦いぶり。

新日本プロレスを感じさせる2人の戦いは貴重である。

なくてはならない存在だと改めて感じさせられた。

Dsc063988888

今の姿が異常にはまっている飯塚。

Dsc0633999999

世界イチ泣かせるタッグチームの名に恥じぬ戦いを見せた天山、小島。

この日見せた小島と真輔の意地のぶつかり合い。

叉みたいと思わせる戦いとなった。

Dsc0660222

Dsc06617777

Dsc0663333333_2

戦いで熱狂させ観客を沸かした新日本。

ライブ観戦の楽しさを十分味わった。

仕事と新日本観戦との戦いはこれからも続いていく。

次の観戦はいつになるのか。

ブログも続けていきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.4後楽園ホール G1タッグ生観戦 #262

2008.11.4後楽園ホール G1タッグリーグ生観戦

ずいぶん時間のたった観戦紀。

ブログ自体もG1クライマックス決勝以来の更新。

それでも伝えたい。

Dsc06516666

新日本プロレスを後楽園ホールで観戦できることは喜びである。

プロレス観戦には最高の空間となる。

決勝戦を前日に控えた初日の後楽園。

試合が進むにつれ歓声と熱気で熱くなった館内。

体が熱くなった。

Dsc064788888

観客を熱狂させるG.B.Hは素晴らしい。

己の戦いを貫き通す真壁と矢野。

戦いの図式の分かりやすさもプロレスの魅力である。

Dsc0650444444

ナチュラルな動きで観客を沸かす中西も又素晴らしい。

でかくて強くてどこから見てもプロレスラー中西学。

中西に求められるのは結果なのだ。

Dsc0653444444

熱狂の後楽園。

やはり新日本プロレスは面白い。

次回に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1.4東京ドーム | 2004年新日本両国国技館大会 | 2004年新日本後楽園大会観戦 | 2005年新日本両国国技館大会観戦 | 2005年新日本後楽園大会観戦 | 2005年新日本東京ドーム大会観戦 | 2006年新日本ジオポリス大会 | 2006年新日本両国国技館 | 2006年新日本後楽園ホール | 2006年新日本東京ドーム | 2007年ベストバウト | 2007年新日本M.V.P | 2007年新日本プロレス | 2007年新日本両国大会観戦 | 2007年新日本後楽園大会観戦 | 2008.8.17G1 CLIMAX観戦 | 2008NEW JAPAN CUP | 2008年後楽園ホール観戦 | 2008年新日本両国大会観戦 | 2009年両国国技館大会 | 2009年後楽園ホール大会観戦 | 2010年両国国技館観戦 | 2010年後楽園ホール観戦 | 2011年 G1 CLIMAX | 2011年ディファ有明観戦 | 2011年両国国技館大会観戦 | 2011年後楽園ホール大会観戦 | 2012 KIZUNA ROAD | 2012レスリングオブザーバー賞 | 2012年後楽園ホール大会観戦 | G1 CLIMAX2010 | G1 CLIMAX22 | G1タッグ | KAMINOGE | KING OF PRO-WRESTLING | LOCK UP後楽園観戦 | NEVER | NJPW 40th anniversary | Road to DESTRUCTION | WORLD TAG LEAGUE2012 | WRESTLE KINGDOM 7 | ZARD/坂井泉水 | ZERO1・1.1元旦観戦 | アントニオ猪木 | キングオブプロレスリング | キング・ファレ | シンニチ プレミアムストアー | スポーツ | タイガーマスク | ツイッターフォロワー | ファンクラブ会報誌 | プリンス・デヴィット | プロレス | ミラノコレクションA.T | ライガー | ラジオ新日本プロレス | レッスルランド | ワールドプロレスリング3D | 三沢光晴 | 上井取締役 | 中西学 | 中邑真輔 | 五輪メダリスト銀座パレード | 井上亘 | 佐々木健介 | 前田日明 | 大プロレス祭りinアキバ | 天山広吉 | 小島聡 | 山本小鉄 | 山本尚史 | 岡田かずちか | 後藤洋央紀 | 懐かしい新日本グッズ | 新日本のヤングライオン | 新日本ジュニア | 新日本チャンネル | 新日本プロレス | 新日本プロレス後楽園観戦 | 新日本プロレス旗揚げ40周年記念アルバム | 新日本プロレス道場 | 新日本プロレス選手寮「劇的ビフォーアフター」 | 新日本プロ身売り | 新日本契約更改 | 新日本最終戦忘年会 | 新日本東京ドーム大会 | 新日本1.4東京ドーム観戦 | 新日本3Dプロレス | 新日本vsNOAH | 新日本vsZERO1 | 日記・コラム・つぶやき | 星野勘太郎 | 映画・テレビ | 東京マラソン | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 棚橋弘至 | 橋本真也 | 永田祐志 | 燃えろ!新日本プロレス | 田中リングアナ | 田口隆祐 | 真壁刀義 | 石森太二 | | 華名と栗原あゆみ | 藤波辰巳 | 藤田和之 | 蝶野正洋 | 西村修 | 週刊ゴング | 邪道・外道 | 金本浩二 | 長州力 | 闘魂SHOP | 魔娑斗 | 魔界倶楽部