ノアに何が起こっているのか        #796

どうなるプロレスリングノア。

衝撃的なニュースが流れました。

Dsc0859444

今回の報道は小橋選手の解雇報道を除いた5選手は契約更新の意思がないというものです。

プロレスの世界は他のプロスポーツと完全に比較することは出来ませんが、プロスポーツでは成績によって契約更新されないことはよくあります。

それが今回選手自ら団体と契約の意思がないというのは、それほどノアという団体に対して、体制に対しての不満があるということになるのだろうと感じます。

そうでなければノア立ち上げからいる選手たちが契約の意思がないとは言わないのではないでしょうか。

ノアの内部で何が起こっているのでしょう。

新日本プロレスも契約更改時期になると数年前までは荒れていました。

その当時は新日本だけが東スポなどで契約報道されたものです。

ファンとして今回は誰が退団してしまうのだろうとひやひやしたものです。

もっとさかのぼれば実際に多くの選手が退団して、危機的状況から這い上がってきた歴史もあります。

だが今回ノアの状況と決定的に違うのは若手の存在にあります。

過去新日本は多くの退団者がでてもそのつど未来を託すことの出来る若い力を育ててきたのです。

トップ選手が抜けても、ヤングライオンがその穴を埋めるべく立ち上がってきました。

それが今の40周年に繋がっているといっていいでしょう。

今のノアにはそれがありません。

ノアにはいつからかデビューする選手がいなくなっていたのです。

退団選手が出ても入団する若い選手がいない。

やはり何か原因があるのでしょうか。

数年前から言われていた団体としての危機感でした。

何が起こっているのか、プロレスリングノア。

新聞報道などによる記事でしかたしかな情報が分かりませんので今後の動向を見守っていきたいと思います。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

三沢選手死去から6月14日の朝のこと  #294

<前回の続き>

三沢選手死去の知らせを知った数時間後の朝、6月14日。

THE サンデーNEXTの番組冒頭でアクシデント直後の模様が放送された。

リングで横たわる三沢選手。

必死の救命処置。

戻らぬ意識。

ショッキングな映像であった。

危険と隣り合わせのプロレスリング。

起こってはならぬ事故が起きてしまった。

日ごろの蓄積されたダメージ、疲労が事故を呼び込んでしまったのだろうか。

プロレスを見るもの、新日本を応援するものにとっても悲しい事故が起こらぬよう願うばかりだ。

P10405822

新日本ファンの自分は、普段はノアを応援することも見ることもない。

だがこの日ばかりは三沢選手に哀悼の意を示したい。

後楽園ホール大会観戦前、近くの秋葉原で三沢選手のフィギュアを購入した。

さらば三沢光晴。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (1)

突然の衝撃と悲しみ、三沢死す  #293

<突然の衝撃と悲しみ、三沢死す>

久しぶりのブログ更新となる。

忙しい日々が続いていた。

だが今日は、新日本スーパージュニア決勝戦。

楽しみに待っていた、観戦するためにチケットも持っている。

数時間前の早朝、若干の仕事のため起床した。

いつものように携帯を開いて眺めていた。

週プロIモード。

訃報の文字に目がいった。誰だろう。

三沢の写真にも目がいった。

まさか・・・。

三沢光晴搬送先の病院で死去。

言葉を失った。

予期していない突然の訃報。

衝撃と悲しみが襲ってきた。

俺は根っからの新日本ファンでありこれからも変わらない。

ノアはライバル団体であり、スーパージュニアでも戦いを繰り広げている最中でもある。

だがあまりにも突然すぎる悲しい現実。

深い悲しみに襲われている。

ファン、関係者、ノアのレスラーは想像を絶する衝撃をうけているのではないか。

リングで戦う全レスラー、新日本のレスラー、同じプロレスというジャンルで闘う者の気持ちを考えるだけでもつらいものがある。

だがそれでも戦わなければならぬ。

戦いが待っている。

2009年6月14日新日本後楽園ホール大会スーパージュニア決勝戦。

悲しみの中でも戦わなければならぬプロレスラーの気持ち生きざまを見届けたい。

三沢光晴のいないプロレスリングノア。

俺には想像すらできない。

心よりご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1.4東京ドーム | 2004年新日本両国国技館大会 | 2004年新日本後楽園大会観戦 | 2005年新日本両国国技館大会観戦 | 2005年新日本後楽園大会観戦 | 2005年新日本東京ドーム大会観戦 | 2006年新日本ジオポリス大会 | 2006年新日本両国国技館 | 2006年新日本後楽園ホール | 2006年新日本東京ドーム | 2007年ベストバウト | 2007年新日本M.V.P | 2007年新日本プロレス | 2007年新日本両国大会観戦 | 2007年新日本後楽園大会観戦 | 2008.8.17G1 CLIMAX観戦 | 2008NEW JAPAN CUP | 2008年後楽園ホール観戦 | 2008年新日本両国大会観戦 | 2009年両国国技館大会 | 2009年後楽園ホール大会観戦 | 2010年両国国技館観戦 | 2010年後楽園ホール観戦 | 2011年 G1 CLIMAX | 2011年ディファ有明観戦 | 2011年両国国技館大会観戦 | 2011年後楽園ホール大会観戦 | 2012 KIZUNA ROAD | 2012レスリングオブザーバー賞 | 2012年後楽園ホール大会観戦 | G1 CLIMAX2010 | G1 CLIMAX22 | G1タッグ | KAMINOGE | KING OF PRO-WRESTLING | LOCK UP後楽園観戦 | NEVER | NJPW 40th anniversary | Road to DESTRUCTION | WORLD TAG LEAGUE2012 | WRESTLE KINGDOM 7 | ZARD/坂井泉水 | ZERO1・1.1元旦観戦 | アントニオ猪木 | キングオブプロレスリング | キング・ファレ | シンニチ プレミアムストアー | スポーツ | タイガーマスク | ツイッターフォロワー | ファンクラブ会報誌 | プリンス・デヴィット | プロレス | ミラノコレクションA.T | ライガー | ラジオ新日本プロレス | レッスルランド | ワールドプロレスリング3D | 三沢光晴 | 上井取締役 | 中西学 | 中邑真輔 | 五輪メダリスト銀座パレード | 井上亘 | 佐々木健介 | 前田日明 | 大プロレス祭りinアキバ | 天山広吉 | 小島聡 | 山本小鉄 | 山本尚史 | 岡田かずちか | 後藤洋央紀 | 懐かしい新日本グッズ | 新日本のヤングライオン | 新日本ジュニア | 新日本チャンネル | 新日本プロレス | 新日本プロレス後楽園観戦 | 新日本プロレス旗揚げ40周年記念アルバム | 新日本プロレス道場 | 新日本プロレス選手寮「劇的ビフォーアフター」 | 新日本プロ身売り | 新日本契約更改 | 新日本最終戦忘年会 | 新日本東京ドーム大会 | 新日本1.4東京ドーム観戦 | 新日本3Dプロレス | 新日本vsNOAH | 新日本vsZERO1 | 日記・コラム・つぶやき | 星野勘太郎 | 映画・テレビ | 東京マラソン | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 棚橋弘至 | 橋本真也 | 永田祐志 | 燃えろ!新日本プロレス | 田中リングアナ | 田口隆祐 | 真壁刀義 | 石森太二 | | 華名と栗原あゆみ | 藤波辰巳 | 藤田和之 | 蝶野正洋 | 西村修 | 週刊ゴング | 邪道・外道 | 金本浩二 | 長州力 | 闘魂SHOP | 魔娑斗 | 魔界倶楽部