前田日明とは     #108

本日は、前田日明について考えてみた。

間違いなく新日本が土台となって作り上げた選手であり、今の猪木とそっくりではないのか。

アントニオ猪木を受け継いでいるのは前田ではないのか。

引退後に理想や理念を求めるのもそっくりなのだ。

(前田日明、ビッグマウスラウドと決別へ)

永田、飯塚vs村上、エンセンの試合が行なわれた2.26徳島大会である。

前田日明ビッグマウスラウド及びプロレス界と決別となったわけだが、もうこれはいたしかたないのではないか。

上井氏やビッグマウスラウドは、強いプロレスラーやプロレスを目指すための前田日明なのだが、前田の考えとはプロレスと総合及びプライドの中間点でありもしくはプロレスの一線を越えたものというところではないのか。

前田日明の理想や理念を完全に理解し実行するというのは無理なのではないか。

出来るとすればただ一人の男しかいない。

前田日明である。

だが戦うことの出来ない現実。

だが間違いなく格闘技とプロレスに革命を起こした男。それはやはり自分自身が戦ってきたからである。

なぜか孤独を感じさせるカリスマである。

<話は違うが、ニュース侍から2.26ゼロワンマックス後楽園大会>

いつもお世話になっていますニュース侍
cap218
吉江と長井 頑張ってくださいというだけである
2
なんと田中リングアナの姿が さすがに驚いた
cap225

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前田日明とHERO’S    #61

前田日明とHERO’S

どこを見ても前田復帰とHERO'Sに歓迎ムードである。

だが、あえて言いたい。上井氏は、最初強いプロレス、怖いプロレスを復活させるためにビックマウスを立ち上げ、前田日明をアドバイザーにしたのではないか。

だが、HERO’Sは完全な総合格闘技の大会である。まさにリングス復活というような大会になっていくだろうと考えられる。

上井氏は、最初から前田に総合格闘技の大会をプロデュースさせるために復帰させたのではないと思うのだ。途中から出来た流れではないのか。

上井氏と前田日明は総合格闘技の大会を開くのではなく、プロレスの大会一本でプライドやK-1を上回るような怖いプロレス、迫力のあるプロレスの大会を作るべきではなかったのか。

そのための前田日明の復活ではなかったのか。

前田日明に聞きたい。前田はプロレスのリングを求めているのか、総合のリングを求めているのかどちらなのか。

前田の魅力とは、プロレスのリングで強さを追求するプロレスラーではないのか。

まさに猪木や新日本の理念である。前田の原点である。

前田日明とHERO'S見守りたいところだが、3.26は新日本の両国大会を選ぶ。

新日本プロレスの意地を見せ付けてくれ。

人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜこのタイミングで前田日明なのか  #55

週プロ、ゴングとにかく前田日明なのである。

たしかに魅力ある人間だし、プロレス界にとって、いい悪いは別にして、たしかに語ることの出来る話題である。

だが冷静に考えてちょっとまてよといいたい。
なぜかというと来週はもう新日本両国大会のダブルタイトルの結果がもうでているのだ。と、すれば今週はその話題で盛り上がるべきなのに前田日明なのだ。

だから、上井氏がなぜこのタイミングで前田の記者会見をしたかといえば、新日本両国大会の話題つぶしといえるのではないか。

前田のインタビューしかり、長州vs柴田のカード発表も含め新日本の大会前にぶつけたのではないか。

雑誌をみればまんまと上井氏の戦略にはまってるのである。

やはり新日本を知り尽くした男の逆襲ではないか。間違いないだろう。

新日本よ、このまま上井氏にやられっぱなしではまずいだろう。

とにかく天山にかける。

闘魂ネットワークで見た、この試合にかける天山の思いと、新日本思い、とにかく勝ってもらわねばならぬのだ。

とにかく見届けよう新日本2.20両国大会。

Untitled1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1.4東京ドーム | 2004年新日本両国国技館大会 | 2004年新日本後楽園大会観戦 | 2005年新日本両国国技館大会観戦 | 2005年新日本後楽園大会観戦 | 2005年新日本東京ドーム大会観戦 | 2006年新日本ジオポリス大会 | 2006年新日本両国国技館 | 2006年新日本後楽園ホール | 2006年新日本東京ドーム | 2007年ベストバウト | 2007年新日本M.V.P | 2007年新日本プロレス | 2007年新日本両国大会観戦 | 2007年新日本後楽園大会観戦 | 2008.8.17G1 CLIMAX観戦 | 2008NEW JAPAN CUP | 2008年後楽園ホール観戦 | 2008年新日本両国大会観戦 | 2009年両国国技館大会 | 2009年後楽園ホール大会観戦 | 2010年両国国技館観戦 | 2010年後楽園ホール観戦 | 2011年 G1 CLIMAX | 2011年ディファ有明観戦 | 2011年両国国技館大会観戦 | 2011年後楽園ホール大会観戦 | 2012 KIZUNA ROAD | 2012レスリングオブザーバー賞 | 2012年後楽園ホール大会観戦 | G1 CLIMAX2010 | G1 CLIMAX22 | G1タッグ | KAMINOGE | KING OF PRO-WRESTLING | LOCK UP後楽園観戦 | NEVER | NJPW 40th anniversary | Road to DESTRUCTION | WORLD TAG LEAGUE2012 | WRESTLE KINGDOM 7 | ZARD/坂井泉水 | ZERO1・1.1元旦観戦 | アントニオ猪木 | キングオブプロレスリング | キング・ファレ | シンニチ プレミアムストアー | スポーツ | タイガーマスク | ツイッターフォロワー | ファンクラブ会報誌 | プリンス・デヴィット | プロレス | ミラノコレクションA.T | ライガー | ラジオ新日本プロレス | レッスルランド | ワールドプロレスリング3D | 三沢光晴 | 上井取締役 | 中西学 | 中邑真輔 | 五輪メダリスト銀座パレード | 井上亘 | 佐々木健介 | 前田日明 | 大プロレス祭りinアキバ | 天山広吉 | 小島聡 | 山本小鉄 | 山本尚史 | 岡田かずちか | 後藤洋央紀 | 懐かしい新日本グッズ | 新日本のヤングライオン | 新日本ジュニア | 新日本チャンネル | 新日本プロレス | 新日本プロレス後楽園観戦 | 新日本プロレス旗揚げ40周年記念アルバム | 新日本プロレス道場 | 新日本プロレス選手寮「劇的ビフォーアフター」 | 新日本プロ身売り | 新日本契約更改 | 新日本最終戦忘年会 | 新日本東京ドーム大会 | 新日本1.4東京ドーム観戦 | 新日本3Dプロレス | 新日本vsNOAH | 新日本vsZERO1 | 日記・コラム・つぶやき | 星野勘太郎 | 映画・テレビ | 東京マラソン | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 棚橋弘至 | 橋本真也 | 永田祐志 | 燃えろ!新日本プロレス | 田中リングアナ | 田口隆祐 | 真壁刀義 | 石森太二 | | 華名と栗原あゆみ | 藤波辰巳 | 藤田和之 | 蝶野正洋 | 西村修 | 週刊ゴング | 邪道・外道 | 金本浩二 | 長州力 | 闘魂SHOP | 魔娑斗 | 魔界倶楽部