2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロレスBOOK

カテゴリー

無料ブログはココログ

柴田勝頼

2005.02.11

柴田vs長州か?   #53

上井プロレス旗揚げ戦に柴田vs長州戦が行われるようだ。

でも新日本を退団までして、復帰戦が長州戦とは。

新日本にいても出来たと思われるカードである。まあ今回は口ではなく試合で見せてほしいものだ。

2005.02.03

批判の男柴田勝頼   #51

フリーとなる柴田勝頼

ゴング、週プロの表紙を飾った柴田勝頼

それにしても、もう批判ばかり繰り返すのはやめたほうがいいのではないか。読んでいて理解したい部分もあるが、
他人や周りの批判ばかりして自分だけ正当化するのは見苦しい。

淋しい限りの男である。

新日本や他の選手は、柴田の批判などしてないではないか。

とにかく口ではなく、戦いで今回の行動を示してほしいものだ。

自分は、どんな理由であれ新日本を出て行く選手を基本的には応援しないのだが、戦いで周りをひきつける試合を望むだけである。

2005.01.26

柴田勝頼退団へ   #50

柴田勝頼退団へ

驚きというよりは、やはりかという気持ちのほうが強かった。それとさみしさを感じたのである。

新日本を離れていく選手たち。
新日本を思う気持ちは、誰よりも強いのに理想をもとめ離れていく選手たち。

確かに新日本の分厚い選手層のなかで、自分の理想を貫いて戦い抜くのは至難の業である。

個性が強く、主張の激しい新日本の中では、リング上だけではない戦いがある。

だから思う。確かに出て行くのは簡単だが、新日本の中で戦い抜くほうがもっと大変なことではないか。
新日本の看板背負って戦うほうがきついのではないか。

だからこそ、これからも新日本を応援していくのである。

フリー戦士となる柴田、だがやはり柴田勝頼には新日本を背負って戦うほうが魅力的であった。

2005.01.23

柴田勝頼よ、退団なのか   #49

柴田勝頼よ退団なのか。

契約保留の柴田。どこから見ても新日本の柴田。さびしい限りである。

今の段階では結論はでてないのだが早く決着してほしいものだ。

だが柴田よ、言いたいことも分かるし、戦いの理想も分かる。だがもう新日本の批判ばかり繰り返すのはやめたほうがいいのではないか。
今の柴田勝頼になったのは、やはり新日本で戦ってきたからではないのか。

戦いがないのなら自分がリングで戦って証明するべきではないのか。

新日本とは口で戦う場所ではないはずだ。

荒れる新日本の契約更改、よい結果をまっている。

2004.11.08

怒りを引き出す柴田勝頼  #27

テレビで見た11.3両国大会。
やはり30分は短い。せっかくの蝶野20周年のタッグもセレモニーもところどころカットされていた、残念。30分ではいたしかたないか。
そこで柴田vs川田戦である。
喧嘩ストロングスタイル柴田勝頼、本気で相手を怒らすことのできる男である。
武蔵、藤田、天龍、川田どの試合も試合後はノックアウトされるほどの結末である。それほど相手の怒りを引き出し、
攻撃された結果である。
キャリアに関係なく自分のスタイルの試合に付き合わせる男。
相手の怒りを最大限に引き出す男、柴田勝頼。新日本を感じさせる男である。

こんな試合を続けていれば、体がもたないのではないかと思わせる。昔の猪木の試合を思い起こさせる。
やはり昭和のプロレスを体現する男である。

その他のカテゴリー

1.4東京ドーム 2004年新日本両国国技館大会 2004年新日本後楽園大会観戦 2005年新日本両国国技館大会観戦 2005年新日本後楽園大会観戦 2005年新日本東京ドーム大会観戦 2006年新日本ジオポリス大会 2006年新日本両国国技館 2006年新日本後楽園ホール 2006年新日本東京ドーム 2007年ベストバウト 2007年新日本M.V.P 2007年新日本プロレス 2007年新日本両国大会観戦 2007年新日本後楽園大会観戦 2008.8.17G1 CLIMAX観戦 2008NEW JAPAN CUP 2008年後楽園ホール観戦 2008年新日本両国大会観戦 2009年両国国技館大会 2009年後楽園ホール大会観戦 2010年両国国技館観戦 2010年後楽園ホール観戦 2011年 G1 CLIMAX 2011年ディファ有明観戦 2011年両国国技館大会観戦 2011年後楽園ホール大会観戦 2012 KIZUNA ROAD 2012年後楽園ホール大会観戦 G1 CLIMAX G1 CLIMAX2010 G1 CLIMAX22 G1クライマックス G1タッグ KING OF PRO-WRESTLING LOCK UP後楽園観戦 MIRAI njpw NJPW 40th anniversary SANADA STARDOM ZARD/坂井泉水 ZERO1・1.1元旦観戦 なつぽい ひめか アントニオ猪木 オカダカズチカ キング・ファレ シンニチイズム ジュリア スターダム スターライトキッド スポーツ タイガーマスク ツイッターフォロワー ファンクラブ会報誌 プリンス・デヴィット プロレス ミラノコレクションA.T ライガー レッスルランド ワールドプロレスリング3D 三沢光晴 上井取締役 上谷沙弥 中西学 中邑真輔 中野たむ 井上亘 佐々木健介 前田日明 大プロレス祭りinアキバ 天咲光由 天山広吉 小島聡 山本小鉄 山本尚史 岡田かずちか 岩谷麻優 後藤洋央紀 新日SS 新日本のヤングライオン 新日本ジュニア 新日本チャンネル 新日本プロレス 新日本プロレス50周年 新日本プロレス後楽園観戦 新日本プロレス道場 新日本プロ身売り 新日本契約更改 新日本最終戦忘年会 新日本東京ドーム大会 新日本1.4東京ドーム観戦 新日本3Dプロレス 新日本vsNOAH 新日本vsZERO1 日記・コラム・つぶやき 星野勘太郎 映画・テレビ 朱里 東京マラソン 柴田勝頼 栗原あゆみ 棚橋弘至 橋本真也 永田祐志 燃えろ!新日本プロレス 田中リングアナ 田口隆祐 白川未奈 真壁刀義 石森太二 華名と栗原あゆみ 藤波辰巳 藤田和之 蝶野正洋 西村修 週刊ゴング 邪道・外道 金本浩二 長州力 闘魂SHOP 魔娑斗 魔界倶楽部