デヴィット、飯伏がジュニア最強からヘビーの頂点を目指す!!     #835

プリンス・デヴィット、飯伏幸太

新日本ジュニアの頂点に立った二人がヘビー級の頂点を目指す戦いへ挑む!!

2013年8月 「G1クライマックス23」出場、Aブロックデヴィット、Bブロック飯伏

2013年7月20日 秋田 オカダ・カズチカ vs プリンス・デヴィット

2013年8月18日 両国 オカダ・カズチカ vs 飯伏幸太

Dsc0936889

同時にG1に出場し、オカダに戦いを挑むプリンス・デヴィット、飯伏幸太。

二人の挑戦は偶然なのか、必然なのか。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

上の写真は自分が観戦してきた大会の中でも好きな大会の一つであり、印象に強く残っている場面です。

2010年6月13日 スーパージュニア決勝戦 デヴィットvs飯伏幸太

大熱狂の後楽園ホールとなった二人の戦い。

優勝はデヴィット。

戦ったもの同士にしか分かり合えぬ友情みたいなものを感じた二人の握手でした。

そして翌年2011年に他団体の選手として初「スーパージュニア」を征した飯伏。

IWGPジュニア王者になることデヴィットが3度。飯伏が2度。

新日本ジュニア最強の二人が、現IWGP王者のオカダと戦う。

想像するだけでワクワクしてくる戦いです。

G1クライマックスに挑むプリンス・デヴィット、飯伏幸太の戦いに注目してもいいのではないでしょうか。

新黄金時代と呼ばれるようになった新日本プロレス。

オカダ、デヴィット、飯伏の戦いは新時代と呼ぶに相応しい戦いです。

上の写真の2010年から3年、凄い試合を続けてきた積み重ねが認められたのだなと思います。

新日本プロレスの戦いから目が離せない!!

金の雨が降り続く。

   ↓


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

デヴィット全勝優勝で「スーパージュニア」制覇!!        #833

デヴィット革命

全勝優勝で「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」制覇!!

Dsc033100

まずは結果で示したデヴィット革命。

それでも会場ではブーイングも起きているようです。

声援を勝ち取るには戦いで見せていくしかないように思います。

思えば真輔も反体制に移った時は後楽園ホールでブーイングが飛んでいました。

オカダ選手も最初ドームでは大ブーイングでした。

戦いを積み重ね己の力でファンを認めさせたのです。

己の主張を認めさせるには戦いで見せていくしかないのです。

デヴィットにもその力があると思っています。

後楽園ホールで「レッツゴー・デーヴィー」コールが再び聞ける日がくるのでしょうか。

BULET CLUBにも期待です。

プリンス・デヴィット

キング・ファレ

タマ・トンガ

カール・アンダーソン

先日放送された「ビフォーアフター」でも少し映りましたが来日した際は寮で生活し、新日本道場、LA道場で育った選手ばかりです。

4選手は新日本魂をもった新日本の選手だろうと思っています。

チームとしては次期シリーズ以降からが本格的な戦いが始まります。

ブーイングが声援に変わる日が来るのか。

どんなチームになっていくのか。

少し長い目で戦いを見ていきたいと思います。

Dsc0065999

週刊プロレスの表紙は猪木氏のようです。

デヴィットがぐれてしまうのも分かるような気がします。

歴史と伝統のあるスーパージュニアでも表紙にはならず。

猪木氏の知名度には勝てずということか。

やはりジュニアとヘビーには戦い以外でもメディアの扱いにも高い壁があるようです。

デヴィット革命でその壁をぶち破れ。

   ↓


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

デヴィット革命支持しています     #832

デヴィット革命

BULLET CLUB  PRINCE DEVITT

Dsc0267333

突如として反体制に回ったプリンス・デヴィット。

デヴィット革命と呼びたいと思います。

新日本にあるジュニアとヘビーの壁をぶち破ろうとしているのかもしれません。

新日本ジュニアにも大きな刺激を与えました。

ジュニアに留まらずヘビーでも活躍できる才能を持ち合わせていると思います。

デヴィットの素晴らしき肉体にはプロレスに掛ける意気込みが伝わってきます。

そしてなにより黒のショートタイツにリングシューズは新日本プロレスのストロングスタイルの象徴です。

カッコいいと感じます。

スーパージュニアの決勝戦はどんな結末を迎えるのでしょうか。

楽しみです。

     ↓


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

新日本ジュニアの絶対的エース、プリンス・デヴィット    #812

「旗揚げ記念日」全カード

3月3日(日)18:30 東京・後楽園ホール

前売り券はすでに完売!!

Dsc085399

旗揚げ記念日オープニングマッチ

高橋広夢&渡辺高章vs田中翔&小松洋平

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

永田裕志&井上亘&スーパー・ストロング・マシン&キャプテン・ニュージャパン vs 後藤洋央紀&カール・アンダーソン&タマ・トンガ&田口隆祐

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

IWGPジュニアタッグ選手権試合

KUSHIDA&アレックス・シェリー vs 獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

真壁刀義&天山広吉&小島聡&中西学 vs 矢野通&飯塚高史&高橋裕二郎&YOSHI-HASHI

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

イリミネーションマッチ

(CHAOS)オカダ・カズチカ&石井智宏&邪道&外道 vs 鈴木みのる&デイビーボーイ・スミスJr.&真霜拳號&TAKAみちのく(鈴木軍)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

IWGPインターコンチネンタル選手権試合

中邑真輔 vs ランス・アーチャー

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

旗揚げ記念日スペシャルシングルマッチ

棚橋弘至 vs プリンス・デヴィット

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

旗揚げ記念日に相応しいカードになったと思います。

新日本後楽園ホール大会にハズレなし。

盛り上がること間違いなし。

前売りチケットもすでに完売。

棚橋vsデヴィットが、いい試合になること間違いなし。

この戦いデヴィットが勝つ可能性も大いにあります。

波乱起こすか。

新日本ジュニアの絶対的エース、プリンス・デヴィット。

そして旗揚げ記念シリーズが終わればすぐに始まるニュージャパンカップ。

この大会の結果がニュージャパンカップに繋がっていくのだろうと思います。

この戦い、見逃せない!!

『旗揚げ記念シリーズ』

3月4日(月) 新潟・燕市民体育館

3月5日(火) 長野・長野運動公園総合体育館

3月9日(土) 埼玉・所沢市市民体育館

3月10日(日) 静岡・アクトシティ浜松

「ニュージャパンカップ2013」

3月11日(月) 東京・後楽園ホール(開幕戦)

    ↓


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

絶対に負けられない戦いがここにある  #413

絶対に負けられない戦いがここにある。

6月19日 大阪府立体育館 IWGPジュニアヘビー級選手権試合

丸藤正道vsプリンス・デヴィット

Dsc094188

大阪大会が間近に迫っている。

正式に記者会見も行われた。

負けられない。

もう負けられない。

新日本ファンの思いだ。

スーパージュニアで激闘を繰り広げた選手の気持ちを背負い、

新日本プロレスのプライドを背負い、

丸藤に戦いを挑むデヴィット。

新日本ジュニアの新時代をつかみ取れ。

期待している。

絶対に負けられない。 

  ↓

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新日本ジュニア新時代田口、デヴィットのApollo55 #384

田口、デヴィットのApollo55 Jrタッグ王座返上!

「SUPER J TAG TOURNAMENT 1st」へ向けての決意表明

Dsc02415

「SUPER J TAG TOURNAMENT 1st」の優勝は田口、デヴィットだと予想している。

期待している。

願っている。

新日本ジュニアを支えていかなければならない2人だと思っているからだ。

Dsc02372

そして田口にはIWGPジュニア王座奪取。

同期の真輔、後藤に負けられぬ。

新日本の新時代を築く世代。

新日本ジュニアの新時代を築け新日本魂田口隆祐。

そして、昨年ベスト・オブ・スーパジュニア準優勝のプリンスデヴィット。

今年こそ悲願の優勝へ。

愛すべきキャラクター。

新日本ジュニアに革命を起こす天才児デヴィット。

Apollo55。

新日本ジュニアの新時代を切り開け。

新日本ジュニア最強を取り戻せ。

田口、デヴィット、二人の時代が来ると信じて応援している。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1.4東京ドーム | 2004年新日本両国国技館大会 | 2004年新日本後楽園大会観戦 | 2005年新日本両国国技館大会観戦 | 2005年新日本後楽園大会観戦 | 2005年新日本東京ドーム大会観戦 | 2006年新日本ジオポリス大会 | 2006年新日本両国国技館 | 2006年新日本後楽園ホール | 2006年新日本東京ドーム | 2007年ベストバウト | 2007年新日本M.V.P | 2007年新日本プロレス | 2007年新日本両国大会観戦 | 2007年新日本後楽園大会観戦 | 2008.8.17G1 CLIMAX観戦 | 2008NEW JAPAN CUP | 2008年後楽園ホール観戦 | 2008年新日本両国大会観戦 | 2009年両国国技館大会 | 2009年後楽園ホール大会観戦 | 2010年両国国技館観戦 | 2010年後楽園ホール観戦 | 2011年 G1 CLIMAX | 2011年ディファ有明観戦 | 2011年両国国技館大会観戦 | 2011年後楽園ホール大会観戦 | 2012 KIZUNA ROAD | 2012レスリングオブザーバー賞 | 2012年後楽園ホール大会観戦 | G1 CLIMAX2010 | G1 CLIMAX22 | G1タッグ | KAMINOGE | KING OF PRO-WRESTLING | LOCK UP後楽園観戦 | NEVER | NJPW 40th anniversary | Road to DESTRUCTION | WORLD TAG LEAGUE2012 | WRESTLE KINGDOM 7 | ZARD/坂井泉水 | ZERO1・1.1元旦観戦 | アントニオ猪木 | キングオブプロレスリング | キング・ファレ | シンニチ プレミアムストアー | スポーツ | タイガーマスク | ツイッターフォロワー | ファンクラブ会報誌 | プリンス・デヴィット | プロレス | ミラノコレクションA.T | ライガー | ラジオ新日本プロレス | レッスルランド | ワールドプロレスリング3D | 三沢光晴 | 上井取締役 | 中西学 | 中邑真輔 | 五輪メダリスト銀座パレード | 井上亘 | 佐々木健介 | 前田日明 | 大プロレス祭りinアキバ | 天山広吉 | 小島聡 | 山本小鉄 | 山本尚史 | 岡田かずちか | 後藤洋央紀 | 懐かしい新日本グッズ | 新日本のヤングライオン | 新日本ジュニア | 新日本チャンネル | 新日本プロレス | 新日本プロレス後楽園観戦 | 新日本プロレス旗揚げ40周年記念アルバム | 新日本プロレス道場 | 新日本プロレス選手寮「劇的ビフォーアフター」 | 新日本プロ身売り | 新日本契約更改 | 新日本最終戦忘年会 | 新日本東京ドーム大会 | 新日本1.4東京ドーム観戦 | 新日本3Dプロレス | 新日本vsNOAH | 新日本vsZERO1 | 日記・コラム・つぶやき | 星野勘太郎 | 映画・テレビ | 東京マラソン | 柴田勝頼 | 栗原あゆみ | 棚橋弘至 | 橋本真也 | 永田祐志 | 燃えろ!新日本プロレス | 田中リングアナ | 田口隆祐 | 真壁刀義 | 石森太二 | | 華名と栗原あゆみ | 藤波辰巳 | 藤田和之 | 蝶野正洋 | 西村修 | 週刊ゴング | 邪道・外道 | 金本浩二 | 長州力 | 闘魂SHOP | 魔娑斗 | 魔界倶楽部