2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロレスBOOK

カテゴリー

無料ブログはココログ

新日本ジュニア

2010.11.18

新日本ジュニアが熱いぜ  #471

SUPER J TAG LEAGUE で優勝した邪道・外道

これほど長きにわたりタッグを組み続けたチームは類を見ない。

まさにワールドクラスの必殺仕事人。

Dsc0336889

プロレスラーの意識を変えたかもしれない肉体改造。

プロフェッショナルの言葉がよく似合う。

12.26 DDT後楽園ホール 飯伏、オメガにIWGPジュニアタッグ挑戦決定

Dsc020800

GHCジュニアタッグ王者の金本、タイガー。

新日本のストロングスタイルを体現するプライド高き頼もしい二人。

待望のKENTA戦が決定した。

個人的にいつか実現しないものかと待ちわびた対戦だ。

打撃を中心としたスタイルに、負けん気の強さ、金本、タイガー、KENTA間違いなくかみ合う3人。

そして交流戦ではなく対抗戦の殺伐とした戦いになるのは間違いなし。

楽しみだ。

11.23 NOAH後楽園ホール GHCジュニアタッグ金本、タイガーvsKENTA、青木

Dsc092266

12.11 大阪府立体育館 IWGPジュニア デヴィットvsリチャーズ

新日本ジュニアを守れ。

新日本ジュニアを支え、新日本ジュニアの代表する選手となった青い瞳の新日本。

プリンス・デヴィット。

デヴィットに対するファンの支持はあまりにも大きい。

Dsc046255

爆弾小僧の再来リチャーズ。

見逃せない戦いだ。

  

新日本ジュニアが熱いぜ。

  ↓

人気ブログランキングへ

2010.11.14

永田の東金愚連隊④  #470

前回の続き。

観戦!! SUPER J TAG LEAGUE 開幕戦ディファ有明④

2010.11.9 ディファ有明

<棚橋、AKIRA、KUSHIDA vs 永田、論外、FUJITA>

Dsc046466

この日のメインは永田、棚橋を交えての6人タッグ。

新日本のリングで見る論外、FUJITAも新鮮である。

2人を従えての東金愚連隊。

Dsc047599

ファンを喜ばせる遊び心満載である。

Dsc0484555

永田もタナもジュニアの中に入っても引けを取らぬ動きの良さ。

Dsc046877

ベテランAKIRAの動きも抜群である。

Dsc047677

2日前にG1 TAGが終わったばかりなのに永田もタナも元気でタフだ。

Dsc048333

予想を超えて面白かったSUPER J TAG LEAGUE。

選手の気迫、気持ち、動きの良さ、迫力が伝わってきた。

Dsc048377

見れて良かった開幕戦。

面白い。

新日本プロレス最高だな。

だがブログを更新した時にはジュニアタッグは終了している。

決勝も見たかった。

次回に続く。

  ↓

人気ブログランキングへ

2010.11.13

新日本ジュニアの闘い見せつけた③ #469

前回の続き。

観戦!! SUPER J TAG LEAGUE 開幕戦ディファ有明③

2010.11.9 ディファ有明

<金本、タイガーvs邪道、外道>

Dsc043644

他団体参戦の多い中、新日本ジュニア同士の完成された円熟の戦い。

お互いに貫録十分。

Dsc043700

キャリア誇る、ベテランタッグとは思えないほど動きがいい。

コンディション抜群である。

衰え知らずの新日本ジュニア戦士。

Dsc044355

若き世代の高き壁。

まだまだジュニアの最前線で戦い続けてほしいものだ。

Dsc044511

<田口、デビットvsリチャーズ、ロメロ>

現新日本ジュニアを引っ張り頂点に君臨する2人。

新日本ジュニアを支えていかねばならぬ2人でもある。

Dsc045144

決意の表れか。

黒のショートタイツだった田口隆祐。

同期の真輔や、後藤には負けてられぬ。

Dsc045344

だが大本命の田口、デヴィットが敗れた。

負傷したデヴィット。

Dsc045711

実力拮抗、何が起こるか分からないジュニアタッグリーグ。

すべての選手に気迫がこもっている。

勝利への執念が凄まじい。

Dsc046133

ど迫力の「SUPER J TAG LEAGUE」開幕戦から凄いぜ。

熱狂のディファ有明大会、次回に続く。

  ↓

人気ブログランキングへ

2010.11.12

新日本ジュニアタッグリーグ面白いぜ②  #468

前回の続き。

観戦!! SUPER J TAG LEAGUE 開幕戦ディファ有明②

2010.11.9 ディファ有明

Bブロック <望月、シーサーvsハヤト、野橋>

Dsc042388

ハヤトvs望月の戦いが一気に会場の火を付けた。

バチバチの蹴り合い。

恐れを知らぬハヤトの気持ちのこもった攻撃。

Dsc042522

体の小ささを感じさせない破壊力抜群の打撃。

気合に気迫、気持ちの強さが伝わってくる。

だがベテランモッチーも負けてはいない。

Dsc042599_2

選手の息遣い、打撃の音が響いている。

4選手とも止まることなく動き回った。

面白いジュニアタッグ面白い。

Dsc043244

第1試合の勢いそのまま<ライガー、サムライvsソンブラ、ドラダ>が始まった。

やはりライガーが入場するだけで一段と会場の空気が明るくなる。

Dsc042955

ソンブラ、ドラダも素晴らしい。

ど迫力の空中技が飛び交っている。

こいつらスゲー。

Dsc043455

完全にSUPER J TAG LEAGUEに魅せられていた。

熱狂のディファ有明大会、次回に続く。

  ↓

人気ブログランキングへ

開幕、新日本ジュニアタッグディファ有明5連戦① #467

観戦!! SUPER J TAG LEAGUE 開幕戦ディファ有明①

2010.11.7 G1 TAG LEAGUE優勝戦後楽園ホール大会観戦。

ヒーロー井上亘誕生の感動の2日後。

2010.11.9 SUPER J TAG LEAGUE開幕戦ディファ有明大会を観戦してきた。

P10702711

ディファ有明なんて久しぶりである。

ここ数年、後楽園ホールと両国国技館、東京ドームのみ観戦していた。

仕事の休みが偶然取れて立て続けの観戦となった。

この日から始まるディファ有明5連戦。

なかなか5連戦は出来ることではない。

新日本の果敢な挑戦を支持している。

久々のディファ有明にジュニアタッグリーグと、どんな雰囲気かワクワクしていた。

全自由席なので好きなところに座れる。

前から3列目と、めったに座ることのない近い位置を選んだ。

でもどこから見ても見やすい空間となっていた。

とてもいい雰囲気の会場が出来上がっていた。

P10702622

そしてSUPER J TAG LEAGU開幕戦の戦いが始まった。

ハヤトと望月の戦いが一気に火を付けた。

激し戦いが始まった。

P10702511

熱狂のディファ有明大会、次回に続く。

   ↓

人気ブログランキングへ

2010.10.17

飯伏、オメガIWGPジュニアタッグ王座奪取 #460

飯伏、オメガ IWGPジュニアタッグ王座奪取。

IWGPジュニアタッグはDDTへ。

Dsc087600

他団体に王座流失。

悔しさもある。

だがデヴィット、田口、飯伏、オメガの4選手は素晴らしい。

Dsc089833

見る者すべてを引き付ける。

新日本ファンであっても飯伏の動きには目を奪われる。

新日本のリングで輝きを放つ飯伏は魅力的である。

何度も見たい4人の対戦。

だがこの中であえて田口には頑張れと言たい。

飯伏にもオメガにも田口はシングルで敗れている。

そしてタッグ王座も流失。

ここは田口の踏ん張りに期待したい。

同期の真輔や後藤に負けるなと言いたい。

新日本ジュニアを支えていかねばならない選手なのだから。

Dsc026977_3

IWGPジュニアタッグのベルトがなくて、GHCジュニアタッグのベルトを保持している新日本。

少し不思議な現象でもある。

11月9日からは、ディファ有明5連戦のジュニアタッグの戦いも始まる。

新日本ジュニアの戦いからは目が離せない。

新日本ジュニアは最高なのだ。

面白いのだ。

  ↓

人気ブログランキングへ

2010.09.16

KENTAvs金本、タイガーの実現はあるのか #454

GHCジュニアタッグ王者 金本・タイガー組

Dsc020844

魅力的なチームだと思っている。

GHCタッグ、他団体のベルトを獲ったことで又輝く。

この2人がノアと戦えば交流戦ではなく、対抗戦になる。

気性激しく、プライド高く、新日本の闘いを体現している2人。

激しく、殺気ある戦いが生まれる。

だから面白い。

Dsc020922

キックを主体とした打撃と負けん気の強さの金本、タイガー。

この2人とスタイルの似た戦いをする選手がノアにいる。

KENTA。

この戦いは見たい。

永田と激しい対抗戦を見せたKENTA。

間違いなく金本、タイガーともかみ合う。

是非見て見たい。

だが対抗戦には乗り気ではKENTA。

永田との戦いも続きはないのか。

団体のプライドをかけた刺激ある戦いが見たい。

人気ブログランキングへ

2010.06.09

大混戦スーパージュニア、勝ちあがるのは誰だ  #407

BEST OF THE SUPER jr 星取表 6月12日 

公式戦全日程終了

Dsc08269

Aブロック    <残り試合>

獣神サンダー・ライガー <終了> 

8点 

タイガーマスク <終了> 

0点      

プリンス・デヴィット <終了、決勝進出>    

10点  

外道 <終了>

2点

飯伏 幸太 <終了、決勝進出>

12点

KUSHIDA <終了>

8点

ラ・ソンブラ <終了>

6点

デイビー・リチャーズ <終了>

10点

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+ :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

Bブロック    <残り試合>

金本浩二 <終了>

8点

AKIRA <終了>

8点

田口隆祐 <終了、決勝進出>

10点

吉橋伸雄 <終了>

2点

石森太二 <終了、決勝進出>

10点

フジタ・jr・ハヤト <終了>

6点

ケニー・オメガ <終了>

8点

タマ・トンガ <終了>

4点

史上最多対の16名の選手が繰り広げる最高峰の戦い。

新日本のリングで戦い抜くこと、

BEST OF THE SUPER jrを戦い抜くこと、

強さとタフさが要求される。

勝ちあがるのは誰だ。

  ↓

人気ブログランキングへ

2010.05.29

新日本ジュニア最強へのプライドを賭けた戦い  #398

5月30日から始まる BEST OF THE SUPER jr.。

新日本ジュニア最強へのプライドを賭けた戦い。

Dsc01207

新日本ジュニア最強、最高の言葉は BEST OF THE SUPER jrで戦ってきた激闘の数々、歴史、他団体を寄せ付けなかった戦いで、生まれた言葉でもある。

ファンは信じてついてきた。

今も信じている。

だが今IWGPjrのベルトはノア丸藤のもとにある。

辛い状況が続いている。

とられたベルとは取り戻すしかない。

最強の座は戦いで取り戻すしかない。

最高峰の戦いBEST OF THE SUPER jr。

新日本ジュニアの意地と、プライドを賭けた戦いが見たい。

期待している。

Dsc01286

人気ブログランキングへ

2010.05.16

最高峰の新日本ジュニアの戦い #393

BEST OF THE SUPER Jr.の季節がやってきた。

新日本ジュニア、最強、最高峰の戦いが始まる。

Dsc01311_2

今年の出場メンバーブロック分けも発表された

P1000850

ここ数年で観戦した優勝戦の表彰式の様子を載せてみた。

激闘を戦い終えた選手の表情は清々しい。

この光景を見れるのはとても嬉しい。

ここ最近は、開幕戦か最終戦どちらかを観戦してきた。

P1010415

新日本ジュニアの戦いは面白い。

BEST OF THE SUPER Jrは面白い。

新日本ジュニア、最高峰の戦いを今年も見たい。

勝者は誰だ。

<Aブロック>

ライガー、タイガー、デヴィット、外道、飯伏、KUSHIDA、ラ・ソンブラ、デイビー・リチャーズ

<Bブロック>

金本、田口、吉橋、AKIRA、石森、フジタjrハヤト、ケニー・オメガ、タマ・トンガ

人気ブログランキングへ

その他のカテゴリー

1.4東京ドーム 2004年新日本両国国技館大会 2004年新日本後楽園大会観戦 2005年新日本両国国技館大会観戦 2005年新日本後楽園大会観戦 2005年新日本東京ドーム大会観戦 2006年新日本ジオポリス大会 2006年新日本両国国技館 2006年新日本後楽園ホール 2006年新日本東京ドーム 2007年ベストバウト 2007年新日本M.V.P 2007年新日本プロレス 2007年新日本両国大会観戦 2007年新日本後楽園大会観戦 2008.8.17G1 CLIMAX観戦 2008NEW JAPAN CUP 2008年後楽園ホール観戦 2008年新日本両国大会観戦 2009年両国国技館大会 2009年後楽園ホール大会観戦 2010年両国国技館観戦 2010年後楽園ホール観戦 2011年 G1 CLIMAX 2011年ディファ有明観戦 2011年両国国技館大会観戦 2011年後楽園ホール大会観戦 2012 KIZUNA ROAD 2012年後楽園ホール大会観戦 G1 CLIMAX G1 CLIMAX2010 G1 CLIMAX22 G1クライマックス G1タッグ KING OF PRO-WRESTLING LOCK UP後楽園観戦 MIRAI njpw NJPW 40th anniversary SANADA STARDOM ZARD/坂井泉水 ZERO1・1.1元旦観戦 なつぽい ひめか アントニオ猪木 オカダカズチカ キング・ファレ シンニチイズム ジュリア スターダム スターライトキッド スポーツ タイガーマスク ツイッターフォロワー ファンクラブ会報誌 プリンス・デヴィット プロレス ミラノコレクションA.T ライガー レッスルランド ワールドプロレスリング3D 三沢光晴 上井取締役 上谷沙弥 中西学 中邑真輔 中野たむ 井上亘 佐々木健介 前田日明 大プロレス祭りinアキバ 天咲光由 天山広吉 小島聡 山本小鉄 山本尚史 岡田かずちか 岩谷麻優 後藤洋央紀 新日SS 新日本のヤングライオン 新日本ジュニア 新日本チャンネル 新日本プロレス 新日本プロレス50周年 新日本プロレス後楽園観戦 新日本プロレス道場 新日本プロ身売り 新日本契約更改 新日本最終戦忘年会 新日本東京ドーム大会 新日本1.4東京ドーム観戦 新日本3Dプロレス 新日本vsNOAH 新日本vsZERO1 日記・コラム・つぶやき 星野勘太郎 映画・テレビ 朱里 東京マラソン 柴田勝頼 栗原あゆみ 棚橋弘至 橋本真也 永田祐志 燃えろ!新日本プロレス 田中リングアナ 田口隆祐 白川未奈 真壁刀義 石森太二 華名と栗原あゆみ 藤波辰巳 藤田和之 蝶野正洋 西村修 週刊ゴング 邪道・外道 金本浩二 長州力 闘魂SHOP 魔娑斗 魔界倶楽部