2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロレスBOOK

カテゴリー

無料ブログはココログ

永田祐志

2012.08.19

COCO壱 x 永田裕志  コラボカレーが美味しいです        #750

COCO壱 x 永田裕志 デビュー20周年記念コラボ

2回目となる永田選手とCOCO壱とのコラボカレー食べました。

20120816_19570888

今回は店の外に永田選手のポスターなどもない店舗だったので、普通にCOCO壱のカレーを食べるつもりで入りました。

すると店内の壁にメニューが張られてあったのですぐ決めました。

もう一度食べたいと思っていたからです。

20120816_20015777

美味しいです。

期間限定なのが惜しいくらい美味しいと思います。

又食べに行きます。

9月9日デビュー20周年記念東金アリーナ大会もよろしくです。

「ゼアッ!」


人気ブログランキングへ

2012.07.22

永田さん、これは美味しかったゼアッ!!    #719

「COCO壱番屋」永田裕志20周年記念カレー

御徒町昭和通り店行ってきたゼアッ!!

20120722_16244000

カレーは好きなのでCOCO壱にはたまに行きます。

嬉しいコラボです。

店舗見つけて行きました。

予想以上に美味しかったです。

これは良いです。

もう一度食べたいと思ったほどです。

半熟たまご割る瞬間が最高ゼアッ!!

販売店舗は限定されていますのでお近くのお店に是非どうぞ。

20120722_16334000

もう一度絶対に行くゼアッ!!

販売期間は9月16日迄です。

 

  ↓


人気ブログランキングへ

2011.04.18

永田の春、俺はミスターIWGP。#521

永田の春。

チャンカン制した春の2冠王者素晴らしき永田裕志。

P10400199

衰え知らずの40代。

コンディションの良さも抜群である。

誰が王者であろうとも、ミスターIWGPの称号は譲らない。

ストロングスタイルを体現する永田は、ミスター新日本でもある。

Dsc02328

時代が移り変わろうとも新日本が無くしてはならない闘いを貫いている。

新日本の伝統は永田の後も引き継いでいかなければならないと思う。

IWGP目指してまだまだ若手の壁となってがんばってほしいものだ。

 ↓

下の写真は2007年に後楽園でホールで行われた永田vs真壁。

王者永田の雄姿。

永田のセコンドが時の流れを感じる。正規軍に今は誰もいない。

Dsc000401

人気ブログランキングへ

2010.07.25

永田とKENTAの対抗戦   #431

7.24 ノア大阪大会 秋山、KENTAvs永田、田口

永田とKENTAの対抗戦。

Dsc098844

非常に気になる戦いであった。

新日本との戦いを拒んでいたKENTA。

我関せずの姿勢を貫いていた。

だがファンとしてノアとの対戦で一番見たいのがKENTAとの戦いなのである。

KENTAのファイトスタイル、気の強さ、気性の激しさは新日本とかみ合うと思っていた。

そしてKENTAに火を付けたのがやはりこの男、永田裕志。

対抗戦男のミスター新日本。

面白い、面白くなってきた。

永田と戦うと、熱く、激しくなる選手が多い。

やはり永田は新日本のストロングスタイルの闘いを貫いているからだと思っている。

新日本とノアとの戦いは今のままでは交流戦で終わってしまう。

KENTAはこれではいけないと感じていたのではないか。

やるなら激しく戦う対抗戦。

殺伐とした戦いを。

永田とKENTAの熱い戦いが見たい。

  ↓

人気ブログランキングへ

2010.06.26

新日本vsKENTA    #418

永田裕志の出番が来たぜ

Dsc078877

プロレスリング・ノア創立10周年記念

7月24日 大阪府立体育会館

永田、田口vs秋山、KENTA

又一つ、刺激的で楽しみなカードが発表された。

永田裕志、ノアに出陣。

やはり対抗戦といえばこの男。

新日本を代表するのなら、ミスターIWGPも忘れてはならぬ。

久しぶりの秋山との絡みで、何かが生まれ、何かが動きだすのか。

そしてKENTA。

ノアの中でもファイトスタイルが新日本とかみ合いそうな魅力的な選手である。

だがコメント通り、対新日本には我関せず消極的だ。

それでも本人の意思に反して、有明コロシアム大会に続いての対新日本。

強引にでも対抗戦に引きずりこむつもりなのか。

新日本のリングに立つ日は来るのか。

何かが生まれそうな刺激的なカードだ。

永田との対戦にも注目したい。

交流戦ではなく、対抗戦の熱い闘いが見たい。

  ↓

人気ブログランキングへ

2010.04.27

ミスターIWGP  永田祐志V10   #386

ミスターIWGP  永田祐志V10

IWGP10度防衛。

週プロで取り上げられていたIWGP王座防衛回数。

Dsc00155

永田祐志、長きにわたり新日本を支え続けている。

ミスターIWGP、そしてミスター新日本ともいえる男である。

ストロングスタイルを継承し、体現している男。

新日本になくてはならない戦いを実証している。

Dsc000921

取り上げた写真は、2007年7月6日後楽園ホール大会。

後楽園で行われたIWGPヘビー級選手権試合。

今をときめく真壁刀義。

観戦して今でも鮮明に覚えている。

壮絶な大流血戦。

すさまじい戦いを繰り広げた2人。

映像でも何回も見たいい試合であった。

5.3レスリングどんたく。

中邑vs真壁。

ミスターIWGPを継承し超える事が出来るのか、中邑真輔。

悲願のIWGP奪取なるか真壁刀義。

楽しみな戦いが近付いている。

人気ブログランキングへ

2009.08.11

G1 CLIMAX 2009 直前の永田祐志  #314

G1 CLIMAX 2009

P102062992_2

ブログ更新の間隔も空いてしまった。

真夏の祭典2009 G1 CLIMAXも開幕している。

今日(10日)までの星取りも大いに気になる。

だがG1開幕直前の永田祐志のインタビューがなかなかおもしろかったので今更ながら取り上げておきたい。

中でも真輔に関するコメントには納得させられるものがあった。

「中邑っていうのはやっぱり新日本に受け継がれる心の戦いというか魂の戦い、まあ闘魂というか。そういうものを引き継ぐ人間ですよね」

永田のこの言葉は、真輔が目指している方向性、目指している戦いを表しているのではないか。

ストロングスタイルを体現する永田と中邑。

二人の闘いを注目して見たい。

さあどうなるG1 CLIMAX 2009。

勝つのは誰だ。

2007.09.10

永田祐志デビュー15周年    #198

永田祐志デビュー15周年

1968年4月24日生まれ 千葉県東金市出身

1992年4月新日本入門

1992年9月14日 山本広吉戦デビュー

今年で15周年となる。

前回のIWGP王者時代に10度防衛しミスターIWGPと呼ばれる男。

永田、中西というのはほとんど欠場もなく、つねに新日本の最前線で戦ってきた選手である。

新日本特有の厳しく激しい、これぞ新日本という戦いを体現している選手といえる。

(数日前のサムライTVのなかで、G1での真輔戦が怪我というアクシデントは別にして、永田的に、これぞ新日本という戦いが出来たと評した永田の言葉が印象的であった)

個人的にも真輔戦は好きな試合でもあるのだ。

ミスター新日本永田祐志。

デビュー15周年おめでとう。

Dsc001471jpg

2007.04.19

ミスターIWGP永田祐志   #160

久しぶりのブログ更新となる。

前回は、3.21ニュージャパンカップ決勝戦。

永田優勝からのほぼ一ヶ月たったことになる。

仕事という名の戦いにいどんでいる日々である。これが現実というもの。

だがブログ更新ならずとも新日本への応援は欠かすことはない。

四年ぶりにチャンピオンに返り咲いた、ミスターIWGP永田祐志。

間違いなくファンの後押しが追い風となったといえる。

この数ヶ月間の永田祐志待望論というのが新日本をも動かしたのではないのだろうか。

棚橋がこの9ヶ月の間IWGP王者として新日本のリングを引っ張り、太陽の天才児という名のとおり明るい兆しが見えてきた新日本。

やはりこの次の段階として強い新日本の復活なのではないのだろうか。

そこでの永田祐志なのではないのだろうか。

永田の使命は、強い新日本を見せ付ける戦いだと思っている。

よみがえれミスターIWGP。

P1000100jpg

次回へ続く。

Banner2_26

2005.04.12

攻撃的な永田祐志    #69

4.9新日本神奈川海老名大会サムライTV観戦。

2日後には全試合見れるというのは素晴らしきことである。

この大会はやはり永田ではないか。黒のタイツに戻した永田。見た目だけではなく打撃を中心とした攻撃的な永田でいいのではないか。この試合のように攻めの強さを見せ付けた永田でいいのではないか。

今、新日本にとって取り戻すべきは、IWGPはもちろんのこと、それとともに強さや闘いではないのか。

ここ最近の雑誌を見てもノアや全日本に押されているし、紙面の内容の書き方を見ても勢いはノアにありという感じなのだ。

やはりファンとしては歯がゆいのである。

新日本というのは企画や話題もそうだが、根底に強さがなければ、ファンもついてこないのだ。

外敵や他団体に試合で負けてるようではいけないのだ。

だから永田には期待したいのである。永田は技術的にも強さを表す事の出来る男だと思うし、棚橋や真輔も感情的になれる人間が必要なのではないか。

実は今回の永田の姿や、闘いを見てふと思い出した男がいるのだ。

柴田勝頼である。

棚橋や真輔にとって言葉や闘いでも感情的になれた男である。刺激を与えていた男である。

新日本には闘いがないと言って出て行った柴田。

皮肉にも今新日本に必要なものは、強さや闘いである。新日本のストロングスタイルの原点の黒のショートタイツに戻った永田、強い新日本を取り戻す鍵を握る一人である。

2002.5.24 新日本後楽園大会観戦 IWGP王者永田ベストショット
P5240094

人気blogランキングへ

その他のカテゴリー

1.4東京ドーム 2004年新日本両国国技館大会 2004年新日本後楽園大会観戦 2005年新日本両国国技館大会観戦 2005年新日本後楽園大会観戦 2005年新日本東京ドーム大会観戦 2006年新日本ジオポリス大会 2006年新日本両国国技館 2006年新日本後楽園ホール 2006年新日本東京ドーム 2007年ベストバウト 2007年新日本M.V.P 2007年新日本プロレス 2007年新日本両国大会観戦 2007年新日本後楽園大会観戦 2008.8.17G1 CLIMAX観戦 2008NEW JAPAN CUP 2008年後楽園ホール観戦 2008年新日本両国大会観戦 2009年両国国技館大会 2009年後楽園ホール大会観戦 2010年両国国技館観戦 2010年後楽園ホール観戦 2011年 G1 CLIMAX 2011年ディファ有明観戦 2011年両国国技館大会観戦 2011年後楽園ホール大会観戦 2012 KIZUNA ROAD 2012年後楽園ホール大会観戦 G1 CLIMAX G1 CLIMAX2010 G1 CLIMAX22 G1クライマックス G1タッグ KING OF PRO-WRESTLING LOCK UP後楽園観戦 MIRAI njpw NJPW 40th anniversary SANADA STARDOM ZARD/坂井泉水 ZERO1・1.1元旦観戦 なつぽい ひめか アントニオ猪木 オカダカズチカ キング・ファレ シンニチイズム ジュリア スターダム スターライトキッド スポーツ タイガーマスク ツイッターフォロワー ファンクラブ会報誌 プリンス・デヴィット プロレス ミラノコレクションA.T ライガー レッスルランド ワールドプロレスリング3D 三沢光晴 上井取締役 上谷沙弥 中西学 中邑真輔 中野たむ 井上亘 佐々木健介 前田日明 大プロレス祭りinアキバ 天咲光由 天山広吉 小島聡 山本小鉄 山本尚史 岡田かずちか 岩谷麻優 後藤洋央紀 新日SS 新日本のヤングライオン 新日本ジュニア 新日本チャンネル 新日本プロレス 新日本プロレス50周年 新日本プロレス後楽園観戦 新日本プロレス道場 新日本プロ身売り 新日本契約更改 新日本最終戦忘年会 新日本東京ドーム大会 新日本1.4東京ドーム観戦 新日本3Dプロレス 新日本vsNOAH 新日本vsZERO1 日記・コラム・つぶやき 星野勘太郎 映画・テレビ 朱里 東京マラソン 柴田勝頼 栗原あゆみ 棚橋弘至 橋本真也 永田祐志 燃えろ!新日本プロレス 田中リングアナ 田口隆祐 白川未奈 真壁刀義 石森太二 華名と栗原あゆみ 藤波辰巳 藤田和之 蝶野正洋 西村修 週刊ゴング 邪道・外道 金本浩二 長州力 闘魂SHOP 魔娑斗 魔界倶楽部