2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

ZERO1・1.1元旦観戦

2008.01.03

新日本とZERO1の大乱闘③   #237

2008.1.1元旦プロレス観戦③

前回の続き。

大森、中西(ワイルドチャイルド)vs崔、佐々木

ワイルドチャイルド入場。

中西のセコンドには(金本、田口、内藤、平澤)の新日本勢。

この時点でただではすまない予感はあった。

試合終盤に起こった大森と中西の誤爆。

これで火がついた新日本とZERO1の対抗戦。

真っ先に飛び込んだ田口隆祐。激しく燃える男が火をつけた。

大乱闘に発展した。

Dsc03113333

<新日本魂を持つ男が火をつけた大乱闘>

Dsc03133333

<人数では圧倒的に有利だったZERO1勢>

Dsc03142222

<人数など関係なしに喧嘩を仕掛けた新日本、頼もしい男たち>

Dsc03146666

興奮した大乱闘劇。

人数で押されても、けっして引かなかった新日本勢。

これでいいのだ。

他団体とやるなら交流戦ではなく対抗戦でいいのだ。

互いのプライドや感情をぶつけあい、殺気漂う試合が見たい。

これは新日本との試合でなければ出来ない試合。

だがやるなら勝たねばならぬ。

今年は間違いなく対抗戦がひとつのテーマになるだろう。

ZERO1、TNA、アパッチ含めたインディ軍との抗争が始まる。

新日本が上昇していく一つには強さを見せ付け勝っていく事が大前提にある。

1.4ドームから始まる対抗戦。

新日本魂をみせてくれ。

田口隆祐の新日本魂②  #236

2008.1.1元旦プロレス観戦②

前回の続き。

○金本、田口vs高岩、×高西

ブーイングをあびまくった金本、田口。

ファンを挑発するかのように戦い、高西に厳しい攻撃を繰り出した金本。

対抗戦男の本領発揮。

金本の凄いところは相手の良さを引き出した上でつぶしにかかるところなのだ。

Dsc02934444_2

キャリアの浅い高西が捕まり完勝。

強さ見せつけ勝利した金本、田口。

対抗戦であるならばどんな相手でも勝たねばならぬ。求められるのは結果なのだ。

<ZERO1ファンのブーイングを逆に挑発していった新日本>

Dsc03033333

だがこの対抗戦に火をつけたには間違いなく田口隆祐。

田中将人と繰り広げたマイク合戦が急遽この試合を生んだことになる。

田口の口から発する、新日本プロレスのレスラーであるプライド。

新日本の誇りをもって戦う田口隆祐。

ファンにとっては田口の言葉が誇りに思う。

タグダンスで腰を振るのも田口だが、

対抗戦で浮き彫りになった田口の心にやどる新日本魂。

熱く激しく燃える男

田口隆祐を見逃すな。

<ブーイングにも臆することなく試合後マイクで挑発した田口>

Dsc03014111

次に続く。

2008.01.02

2008.1.1元旦の金本、田口組①   #235

2008.1.1元旦のプロレス観戦。

そう、ZERO1-MAXの後楽園大会に参戦したのだ。

1月1日にプロレス観戦するのが初めてならば、他団体の大会に参戦するのも何年ぶりになるのか。

スカパー(サムライTV)の映像では他団体も見るのだが観戦となるとかなり前のことになる。

観戦を決めた理由はただ一つ。

金本、田口組の試合が決まったからだ。

ZERO1の後楽園大会、やはり新日本の大会とは何かが違う。

会場の空気が違う。肌に合わないのか。

新日本の後楽園であればファンの見慣れた顔ぶれが多いし居心地もいい。

やはり今日は他団体に乗り込んだという心境だ。

金本、田口vs高岩、高西の試合は3試合目。

それまでは無心でリング上を眺めていた。

静かな立ち上がりだったこの大会。

だが金本の入場曲で会場の空気が変わった。

歓声と大ブーイングが入り混じる館内。

胸高鳴る対抗戦が始まった。

<強さ見せ付けた金本、田口>

Dsc03002222

P10001899999

次に続く。

その他のカテゴリー

1.4東京ドーム 2004年新日本両国国技館大会 2004年新日本後楽園大会観戦 2005年新日本両国国技館大会観戦 2005年新日本後楽園大会観戦 2005年新日本東京ドーム大会観戦 2006年新日本ジオポリス大会 2006年新日本両国国技館 2006年新日本後楽園ホール 2006年新日本東京ドーム 2007年ベストバウト 2007年新日本M.V.P 2007年新日本プロレス 2007年新日本両国大会観戦 2007年新日本後楽園大会観戦 2008.8.17G1 CLIMAX観戦 2008NEW JAPAN CUP 2008年後楽園ホール観戦 2008年新日本両国大会観戦 2009年両国国技館大会 2009年後楽園ホール大会観戦 2010年両国国技館観戦 2010年後楽園ホール観戦 2011年 G1 CLIMAX 2011年ディファ有明観戦 2011年両国国技館大会観戦 2011年後楽園ホール大会観戦 2012 KIZUNA ROAD 2012レスリングオブザーバー賞 2012年後楽園ホール大会観戦 G1 CLIMAX2010 G1 CLIMAX22 G1クライマックス G1タッグ KAMINOGE KING OF PRO-WRESTLING KNOCK OUT! LOCK UP後楽園観戦 NEVER NJPW 40th anniversary nottvワールドプロレスリング Road to DESTRUCTION WORLD TAG LEAGUE2012 WRESTLE KINGDOM 7 ZARD/坂井泉水 ZERO1・1.1元旦観戦 アントニオ猪木 キングオブプロレスリング キング・ファレ シンニチ プレミアムストアー スポーツ タイガーマスク ツイッターフォロワー ファンクラブ会報誌 プリンス・デヴィット プロレス ミラノコレクションA.T ライガー ラジオ新日本プロレス レッスルランド ワールドプロレスリング3D 三沢光晴 上井取締役 中西学 中邑真輔 五輪メダリスト銀座パレード 井上亘 佐々木健介 前田日明 大プロレス祭りinアキバ 天山広吉 小島聡 山本小鉄 山本尚史 岡田かずちか 後藤洋央紀 懐かしい新日本グッズ 新日本のヤングライオン 新日本ジュニア 新日本チャンネル 新日本プロレス 新日本プロレス後楽園観戦 新日本プロレス旗揚げ40周年記念アルバム 新日本プロレス道場 新日本プロレス選手寮「劇的ビフォーアフター」 新日本プロ身売り 新日本契約更改 新日本最終戦忘年会 新日本東京ドーム大会 新日本1.4東京ドーム観戦 新日本3Dプロレス 新日本vsNOAH 新日本vsZERO1 日記・コラム・つぶやき 星野勘太郎 映画・テレビ 東京マラソン 柴田勝頼 栗原あゆみ 棚橋弘至 橋本真也 永田祐志 燃えろ!新日本プロレス 田中リングアナ 田口隆祐 真壁刀義 石森太二 華名と栗原あゆみ 藤波辰巳 藤田和之 蝶野正洋 西村修 週刊ゴング 邪道・外道 金本浩二 長州力 闘魂SHOP 魔娑斗 魔界倶楽部